産後うつはどこから?【うつ病チェックから原因・対策まで】

産後うつとは

出産後のお母さんが陥るうつ病の事で、うつ病の中でもよく見られる病気です。旦那さんや両親の協力を得られず、一人で育児のすべてを抱え込んでしまってる人ほど発症し易く、10~15%のお母さんが産後うつになっているというデータがあります。
産後一時的に気分が落ち込んでしまう「マタニティブルー」と原因や症状が共通していますが、マタニティブルーは病気ではなく自然と治るのに対し、産後うつは治療が必要な病気で、今まで日常生活でできていた事ができなくなったり、食欲不振等の身体症状が出てくるのが特徴です。また、マタニティブルーが産後すぐから数日~数週間で終わってしまうのに対し、産後うつは出産して2、3週間~3ヶ月から発症し、最低でも1ヶ月、長いと年単位で起こります。症状は軽度~重度まで人によりそれぞれですが、いずれの場合も子供の精神発達に悪影響を及ぼすことがありますし、重度や長引く場合は母子の命に関わる場合もあり非常に危険です。
お母さんが赤ちゃんと無理心中したり、幼児虐待事件を起こすニュースを耳にする事があると思いますが、その原因が産後うつであるケースは多くあります。「何でそんな事をするのか理解できない!」「母親になる資格がない!」そう思う方が多いでしょう。しかし、産後うつの場合、お母さんの脳内では異常が起こっていて、もはや自分自身ではコントロールができない事態に陥っています。このような事態が起こる前に、早めの対処=治療が必要なのです。
前述しましたが、産後うつは病気です。病院へ行き、薬を飲めば治ります。今赤ちゃんがいるお母さんだけでなく、これからお母さんになる方、父親になる方、孫が生まれる方、まずは多くの人に産後うつという病気を知ってもらい、理解してもらう事が大事だと思います。

マタニティブルーと産後うつの違い

  発症時期 期間 特徴 主な原因
マタニティブルー 産後すぐ 数日~1、2週間 一過性の精神症状

自然と治る

ホルモンバランスの変化
産後うつ 産後2、3週間~1ヶ月 1ヶ月~数年 精神症状に加え

身体的症状が出る

治療が必要

ホルモンバランスの変化

睡眠不足

育児ストレス

生活環境の変化など

産後うつセルフチェック20項目

産後うつの症状には主に以下のようなものがあります。まずはセルフチェックをしてみましょう。全部ではなくとも、いくつか心当たりがあるようなら、産後うつの可能性があります。症状に自覚があれば早めにお医者さんに相談しましょう。

  • 寝付けない、夜中や早朝に目が覚める
  • 常に疲労感がとれない
  • 食欲がなくなる、または食べ過ぎてしまう
  • 胃痛や頭痛、吐き気が起こる
  • 円形脱毛症などの脱毛が起こる
  • 気分がひどく落ち込む
  • 訳もなくあらゆる事に対し不安な気持ちになる
  • 訳もなくイライラして、ものに当たってしまったりする
  • 集中力や記憶力が低下し、考えがまとまらない(家事の段取りができない等)
  • お洒落やメイクをする気になれない、身なりに気を遣えない
  • 今まで関心があったもの、好きなものに興味がわかなくなる
  • 人との交流が面倒に感じる
  • 子供のことが過度に心配になる
  • 夫や子供に無関心になる、愛情が感じられない
  • 子供が可愛いと思えない、泣いても無視してしまう
  • 他人のちょっとした言動で傷ついてしまう
  • 正当な理由が無いのに自分を責める
  • 母親として育児に自信がない
  • 人生に対し悲観的になる、将来に対する希望が持てない
  • 死にたいなど、「死」について考える
  • 産後うつの原因

    産後うつは一つの原因で発症する訳ではなく、以下のような様々な原因が重なって起こっていきます。

    1.ホルモンバランスの急激な変化

    出産によるホルモンバランスの激変により、産後すぐは心身共に不安定な状態となり、涙もろくなったり、理不尽な苛立ちを感じたり、子育てに不安を感じたりと気分が落ち込んでしまう事があります。これがいわゆるマタニティブルーという状態で、出産した女性の50%前後が経験すると言われています。ホルモンバランスは1~2週間で元の状態に戻ってきて、それに伴い精神的に落ち着いてくるので、マタニティブルーは解消されます。しかし、この時更に育児疲れや睡眠不足、孤独感などが作用し、産後うつに移行していく場合があります。
    うつ病自体、最近の研究ではある種のホルモンと密接に関連している事が判明しつつあります。産後はまさにホルモンバランスが大きく崩れる時です。出産後ホルモンバランスが落ち着いてきたとしても、お母さんの身体は赤ちゃんを育てる為に母乳を作ったり、自分の身体を元の状態に戻すのに子宮収縮を促したりするため、まだまだ内部分泌の変化が起こっているので、それが自律神経に影響を及ぼし、産後うつの症状を引き起こしていきます。

    2.育児ストレス

    育児が自分の思うようにいかないという苛立ちや不安がストレスとなり、お母さんの心身に重くのしかかっていきます。特に初めての育児になると、そのストレスは大きいものになります。二人目であっても「一人目の時と違う」といった事があると同じようにストレスがかかっていきます。この時、勉強熱心で真面目なお母さんほど、何とか自分で状況を改善しようと、育児書やネットの情報を読みあさり、更にその情報に固執して「同じ様にならない」「上手くいかない」という意識に捕らわれるといった悪循環に陥ってしまうのです。

    3.睡眠不足

    出産後、夜間の授乳や夜泣き対応と、赤ちゃんのお世話は昼夜問わずやる事になり、長い時間まとまった睡眠をとる事はできません。普通の人であっても様々な心身に健康異常を引き起こします。それが産後体調が回復しておらず、ホルモンバランスにも急激な変化が起こってる状態のお母さんであれば、なおの事その影響が強く出てしまいます。

    4.生活スタイルの変化

    睡眠時間の変化に加え、お母さんは出産後から言葉のコミュニケーションが取れない赤ちゃんと長時間2人きりで過ごすという生活になります。もちろん生まれたばかりの赤ちゃんを外に連れ出すことはできませんので、どうしても家に引きこもりっきりの状態になってしまいます。その事で、自分だけ社会と分断されたような孤独感を感じ、その孤独感に耐え切れなくなってしまうのです。元々色々とお出かけするのが好きなお母さんや、スポーツなどアクティブな趣味を持つお母さんはなおさらこの生活の変化についていけなくなる場合があります。

    5.家族の協力が得られない環境

    現代は核家族化が進み、昔のように「お母さんの代わりにおばあちゃんが育児を手伝ってくれる」というような状況が難しくなっています。ですので、1~4で挙げてきた原因を一気に一人で背負う事になります。

    産後うつになりやすい人

    1.真面目で責任感が強く、完璧主義な人

    “母親”というものに自分の理想像をしっかり持ち、その理想と自分を比較してしまう事で、そのギャップに苦しむ事になります。逆に「こういう親にはなりたくない」という反面教師の母親像があったり、自分の母親に対し強い不満を持っていたお母さんも同様の状態になる事が多いです。

    2.人の機嫌が異常に気になる人

    職場や学校、友人関係において、相手が黙っていたり不機嫌だったりすると「自分のせい?何かした?」と過剰に気になってしまう人は危険です。赤ちゃんは突然泣き叫んだり、不機嫌になってしまったりするもので、その原因が明確にわからない事も多々あります。その度に「自分のせい?」と考えてしまうのは、無意識のうちに罪悪感をため込み、うつ状態へと陥ります。

    3.他人に頼るのが苦手な人

    出産によりお母さんの身体には相当な疲れがたまっていて、産後はお母さん自身の身体も回復が必要になります。この時期に育児に加え家事まで何でも一人でこなすことは不可能です。しかし、頑張り屋のお母さんほど、「甘えてはいけない」「迷惑はかけられない」と、お父さんや両親、周りの人達に頼る、相談するという事ができず、心身共に疲れていきます。

    産後うつにならない為の対策

    1.一人で完璧にやらなくていい

    責任感が強い人ほど産後うつになり易い傾向にあります。家事や仕事は完璧にできたとしても、子育ては完璧にできないのが当たり前です。子供は“自分”とは違う存在で、その全てをコントロールする事はできません。突然泣き叫んだりしますし、その原因もわからない、急な発熱など思いもよらない事が次々に起こります。赤ちゃんのお世話で手いっぱいになり、家事がおろそかになるのも当然仕方のない事です。
    料理を作るのが大変な時はお弁当や、デリバリーにしたり、買い物はネットスーパーで済ませるなど、手抜きできるところはとことん手抜きしましょう。
    頼れる事は人に頼るのも大事です。うつに限らず、産後一人で頑張り過ぎて身体を壊して入院してしまうケースもあります。身近に身の回りの事を手伝ってくれる人が誰もおらず、お父さんの協力も難しい場合は、ヘルパーさんを雇う事も検討しましょう。自治体によっては格安料金でヘルパー派遣サービスを行っているところもありますので、チェックしてみて下さい。
    決して自分を責めず、追い込まず、「完璧にやらなくてもいい」と気軽に考えましょう。

    2.睡眠時間をしっかりとる

    睡眠不足になると精神的に不安定になります。赤ちゃんが寝ているうちに家事をやってしまおうという考えになりがちですが、できるだけ赤ちゃんと一緒に寝るようにしましょう。夜は授乳と夜泣き対応で睡眠時間が長くとれませんので、日中もしっかり寝ておく事が大切です。お父さんが忙しくて赤ちゃんのお世話を頼めない場合も、普段家事ができない事への理解をしてもらい、休みの日だけでも子育てを協力してもらうなどして、しっかり寝る時間を確保して下さい。

    3.育児本やネット情報を参考にしすぎない

    初めて子育てするお母さんにとって、育児本やネットでの虎の巻は強い味方です。しかし、赤ちゃんの成長は個人差があり、それらとは違う状況が沢山出てきます。育児本等はあくまで一般論や平均値で記述されているものなので、その情報にとらわれ過ぎず、不安がある場合は出産した病院や、地域の保健師に相談する事をお勧めします。物言わぬ本やネットとにらめっこして独りで悩むより、色々な赤ちゃんを見てきて、色んなお母さんと接してきた専門家に相談してみると意外とあっさり不安は解消されます。

    4.疑わしい場合は早めに受診する

    うつ病になりやすい傾向の方は、「自分に限ってそうではない」「皆できてるのに自分ができないのは努力が足りないからだ」などという意識を特に強く持ちがちです。ですので、うつの症状が出ていても自分で何とか頑張ろうとしてしまいます。
    何度も言いますが、産後うつは病気です。もし前述の症状が複数当てはまるようでしたら、早めに心療内科や精神科を受診しましょう。それでもし産後うつじゃなかったとしても、それは嬉しい事であり、恥ずかしい事でも何でもありません。赤ちゃんの為にも、自分自身の為にも、早めの相談を心がけましょう。

    5.人と話す時間を作る

    心の中にある不安やイライラは、誰かに話すだけで解消され、安定感を得る事ができます。一人で抱え込もうとはせず、普段から家族や友人と話す時間を作るようにしましょう。産婦人科や市町村によっては、産後学級や両親学級といった産後のお母さんやお父さんを対象としたセミナーを行っているところがあります。そのような機会を利用し、育児について学んだり、他のお母さん達と交流する時間を持ったりすることもお勧めです。
    自分自身が産後うつであると自覚していないケースも多くあります。こんな時頼りになるのはいつも自分と接してくれている家族や友人です。周囲の人が気づいてくれ、指摘してくれる事で、深刻な状態になるのを未然に防ぐ事もできます。

    男性の産後うつ

    近年、奥さんの出産後旦那さんがうつ状態に陥る、男性の産後うつが多くなっていると言われていて、「パタニティブルー」とも呼ばれています。症状としては、睡眠不足や食欲不振等の身体的症状や、訳もなく落ち込んだり、追いつめられると感じる精神的症状があり、イライラしていたり、子供を避けるといった例もあります。
    女性と違いホルモンバランスの変化等はありませんので、原因ははっきりとはしていませんが以下のような事が挙げられています。

    1.プレッシャー

    10ヶ月の時間をかけてお腹の中でで赤ちゃんを育ててきた女性は、その間に意識せずとも精神的に母親になる準備を整えています。しかし、男性の場合、多くは子供が誕生して初めて父親となった自覚が芽生える為、心の準備ができてない状態の人も多いのです。
    その為、父親になる事や、一家の大黒柱になる事へのプレッシャーが一気にのしかかり、うつ状態となる事があります。

    2.育児ストレス

    慣れない育児に加え、自分の想像する父親像とのギャップを感じる事でストレスを感じ、うつ症状を引き起こします。それに加え、家計を支える為に仕事も頑張らなければならないという意識が更にストレスとなります。

    3.嫉妬心

    出産前は自分に向いていた奥さんの愛情が、産後赤ちゃんに注がれてしまう事による嫉妬心が原因の一つになります。奥さんが赤ちゃんにつきっきりになる為、どうしても夫婦二人の時間は無くなります。それによる不満から、無意識に赤ちゃんに嫉妬したり、競ったりするような状態が起こるのです。
    とはいえ、奥さんの意識が赤ちゃんに向くのは仕方のない事です。家事や育児を積極的に手伝うなどして、夫婦間のコミュニケーションを増やすようにするとよいでしょう。

    最近増えている育児に積極的なお父さん、つまり「イクメン」が産後うつになり易いとも言われていますので、女性の産後うつとの違いからも、正確には産後うつというよりも、「育児うつ」という表現の方がふさわしいのかもしれません。
    一般的に男性は女性よりも心の悩みを自分の中に抱え込む傾向が強い為、女性のようにホルモンバランスの激変という原因がなくても、精神的要因から酷く追い込まれてしまう人は多いのでしょう。
    お父さんの産後うつも、子供の精神発達に悪影響を及ぼすと言われていますので、お母さんの産後うつ同様、早めの治療が大切です。

    お父さんの産後うつの対策も、基本的にはお母さんの産後うつ対策と変わりませんが、夫婦の時間を増やす事が一番効果的だとも言われています。二人で会話をしたり、一緒に赤ちゃんのお世話をする時間を積極的に作って。

    まとめ

    産後、長い期間自分のお腹の中に居た可愛い赤ちゃんとやっと対面し「この子の為に頑張らなきゃ!」と張り切ってしまうお母さんも多いかと思いますが、出産によりお母さんが自覚している以上に身体は疲れ、身体の中ではめまぐるしい変化が起こっています。どうかその愛おしい赤ちゃんのためにも、まずは自分の身体を気遣って下さい。赤ちゃんにとってもお母さんはかけがえのない唯一の存在である事を忘れないであげて下さい。
    どうか一人で頑張らないで、パートナーであるお父さんや、周囲の人に自分がツライと訴える事や、協力を求める事も、自分のためであると同時に赤ちゃんのためだと思いましょう。
    最初から育児が完璧にこなせる人なんていませんし、そもそもベテランであっても完璧になんてできません。生まれてきた赤ちゃんと共に、お母さんとしても少しずつ成長していけたら充分なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です