カテゴリー別アーカイブ: 妊活

つわりを和らげる食事は?効果的な食べ物とNGな食べ物

sleep-1209288_960_720

© 2016 Pixabay

早い人では妊娠5週目頃から始まるつわり。吐き気や嘔吐をともなう食欲不振、あるいは〝食べづわり〟といわれる食欲過多といった消化器症状がよく知られていますよね。

とはいえ、妊娠初期は赤ちゃんの脳や神経、内蔵など重要な器官が形成される時期。ちゃんとバランスよく食べて栄養を摂らなければ!というプレッシャーと板挟みでさらに胃が痛い、なんてことも…。つわりの原因はいまだ特定されていませんが、精神的な要因も関係するといわれています。

少しでもつわりのつらい症状が和らいで、ママの身体だけでなく、気持ちも楽になりますように。ここではつわりによいといわれる食事や飲み物について、みていきたいと思います。

意外?! 真水・緑茶がNGアイテムな理由

お茶、コーヒー、清涼飲料水…妊娠時には口にする成分の何が良くて何がダメなのか、諸説も様々。「とりあえず、お水なら。すくなくとも害はないだろう…」と思われるかもしれませんが、実は真水の摂取がつわり症状を悪化させる場合があるという研究結果があります。

誤解しないでいただきたいのですが、妊娠によって血液量も増えますし、特につわりで嘔吐の症状がある人は脱水になりやすいので、水分の補給自体は大切です。

ですが、真水だけでは血液が薄まってしまうことから、余剰の水分は尿となり、同時にナトリウムなどの電解質も排出されてしまうことになります。経口補水液やスポーツドリンクの利用、食事で塩分を補うといった工夫も合わせて必要です。

<家庭でできる、経口補水液の作り方>

 ・砂糖40g(大さじ4杯半)と粗塩3g(小さじ半分)を湯冷まし1リットルによく溶かす。

 ・かき混ぜて飲みやすい温度にする。

 ・果汁(レモンやグレープフルーツ等)を絞ると飲みやすくなる。

緑茶はコーヒー・紅茶に比べてカフェイン量が少なく、糖質の消化を妨げるカテキンが多く含まれているので、体重増加を気にする妊婦さんにとっては悪くない飲み物…のようですが、つわりの時期には避けたほうが無難なようです。

というのも、緑茶に多く含まれるL-テアニンは副交感神経を活性させるため、リラックス効果があるといわれています。ところが、つわりが重症な妊婦ほど副交感神経活性が高いと報告がされており、緑茶を飲むことでさらに症状を悪化させてしまうおそれがあるということです。つわりの時期を過ぎてからにしたほうがよさそうですね。

妊娠したら、塩分控えめの薄味の食事がいい?

味の濃いおかずでご飯を食べ過ぎてしまい体重増加につながることや、妊娠高血圧症候群を予防する意味合いから、妊産婦は塩分を控えるよう食事指導されるのが一般的です。平時から塩分控えめの食事は健康的といったイメージもあり、食に意識の高い妊婦さんはさらに頑張って減塩に励んでしまうかも知れません。

ですが、あまりに制限しすぎてしまうと、逆に血液が増えた分必要なナトリウム量を賄いきれず、妊婦さんの骨から溶け出すことで補おうとします。その際一緒にカルシウムも骨から溶け出すため、カルシウムの血中濃度も上がります。

一方で妊娠初期には、胎児や胎盤の成長にともないマグネシウムやカリウムが大量消費され、血液中のカルシウム量に対してマグネシウムやカリウムが相対的に少ない状態になります。

このように、ナトリウムだけでなく、カルシウムやマグネシウム、カリウムといったミネラル分のバランスが一時的に大きく崩れる(専門的には『血清浸透圧が低下する』)ことが、つわりの症状に深く関係している可能性があるというのです。

また、塩分はでんぷんや糖を分解する酵素の活性に必要な塩素の元でもあります。たとえば唾液中の塩素が不足することででんぷんが分解されず、ご飯がおいしく感じられない、口の中がべたべたするような不快感が残る、などつわりの時によく聞かれる症状があらわれると考えられます。

以上から、つわりを軽くするために効果的な食事は、

・ 妊娠初期においては、塩分を制限し過ぎない。
・ 妊娠初期においては、カルシウムを摂取し過ぎない。(胎児がカルシウムを大量に必要とするのは妊娠後期)
 ・ マグネシウムの多い食品を摂る。(海草類、大豆、アーモンド、ごま、玄米等)
 ・ カリウムの多い食品を摂る。(トマト、メロン、スイカ、バナナ、ジャガイモ、トウモロコシ、カボチャ、リンゴ等)

ということがいえそうです。なお、サプリメントを利用する場合は、必ず医師と相談してからにしましょう。

妊娠したら酸っぱいものを食べたくなる?

これには、妊娠すると嗅覚が敏感になることが関係しているかもしれません。特にアンモニア臭に対する感受性が増すので、今まで気にならなかった人の体臭などが耐えられなくなり、人混みに出たくなくなるという人もいるようです。

そして、ほとんどの食品にも多かれ少なかれアンモニアが含まれています。食品を温めることでアンモニアが気化したり、タンパク質を加熱するとアンモニアその他の香気が発生するため、炊きたてのご飯や焼き魚などの臭いを不快に感じ、食べられなくなると考えられます。

ところが、ご飯に梅干しをのせたり、焼魚にレモンを搾ったりすることで、クエン酸がアンモニアを消臭してくれるので、食べやすくなるというわけです。このことから、妊娠すると酸っぱいものが食べたくなる、という通説が生まれたのかもしれませんね。

臭いで食べ物を受け付けないタイプのつわりに悩む人には、レモンやお酢の使用が有効といえそうです。ただし、逆流性食道炎を併発している場合は、酸味により吐き気が誘発される場合がありますので、食事は医師の指示にしたがいましょう。

また、食品を温めることで臭いが強く感じられるので、例えばパンはトーストせず常温で食べるなど、温度にも気をつけるようにするとよいでしょう。

不快なげっぷや胃もたれ、腹部膨満感には?

妊娠初期には血液中だけでなく、消化液中の電解質も不足に陥っています。このため、消化酵素が十分に活性されず、でんぷんの消化吸収が低下するため、消化しきれなかったでんぷんは大腸で腸内細菌のエサになり、ガスを産生します。消化しきれなかったエサが多いほどガスも増えるというわけです。

この場合は、消化を助ける酵素β-アミラーゼを含む山芋、カブ、人参、キャベツを摂るのがおすすめです。加熱してしまうとβ-アミラーゼが働かなくなるので、必ず生食するようにします。

冷たい飲み物や炭酸水は胃腸の動きを促すので、一時的にスッキリしますが、飲み過ぎは逆効果なので、一度に150cc程度にしましょう。

空腹時に気持ち悪くなるという人は、1回に食べる量を減らし回数を増やすなど、食事の摂り方を工夫するのが効果的です。

身体が必要とするものを食べたくなる?

つわりが重症化すると、高アンモニア血症と呼ばれる状態になることがあります。その場合は、タンパク質を摂取すると嘔吐しやすくなってしまいます。牛乳や卵、肉・魚が無理…というタイプのつわりの人は、こちらを疑ってみる必要があるかもしれません。まずは医療機関を受診しましょう。

アスパラギン酸塩やグルクロン酸ナトリウムの投与で改善が見込まれることから、食事から取り入れるなら以下のような食材がおすすめです。

・ アスパラギン酸の多い食品(大豆、カツオ、海苔、トマト、アスパラガス等)
 ・ グルクロン酸の多い食品(大豆、小麦、トマト、昆布)

アスパラギン酸はマグネシウム・カリウムと合わせて摂るとさらに効果的です。

なお、昆布に含まれるヨードの胎児への影響※を心配される人もいるかもしれませんが、胎児がヨードを取り込みはじめるのは12週以降といわれており、つわりが軽くなってくる頃なので、妊娠初期での摂取は問題ないと考えられます。

ミカンやイチゴなどの果物には妊婦の身体に不足がちなカリウムが多く含まれるため、自然に欲するということがあるかもしれません。また、果物の甘さの成分「果糖」は唾液による分解を経なくても甘さを感じられるため、唾液中の消化酵素活性が低下しがちな妊婦にも美味しいと感じられるようです。
このことからも、妊娠すると酸っぱいものが食べたくなる、という通説が生まれたのかもしれませんね。

こうしてみていくと、さっぱりしたもの、旨味の多い和食系食材など、そもそもつわりの妊婦が好んで食べそうなものが並んでいるようにも見受けられます。人の身体は必要とするものが欲しくなるように、うまくできているのかもしれません。

完璧を目指してストレスをためない

本人には大変つらい症状でも、つわりは病気ではないから…、個人差があるから…などと言われて、医療者にも真剣に取り合ってもらえなかったり、仕事や家事も休みづらかったり。インターネットを検索すれば、赤ちゃんのためにアレはダメ、これは食べなきゃいけない、といった情報が錯綜しています。ついつい我慢やストレスを重ねてしまう人も多いかもしれませんね。

ですが本当に何も食べられなければ、1、2食抜いてしまったり偏った食事をしてしまうのもやむを得ないこと。電解質を含んだ水分補給だけはこころがけるようにして無理をせず、気持ちも身体も休めるようにしましょう。

体重の急激な減少、脱水症状の有無が悪阻(おそ)として治療対象になるかどうかの判断の目安になるようです。1日に何回も吐いてしまい、水分も採れない状態なら迷わず診察を受けましょう。その際に「気持ちが悪い」というだけでなく、嘔吐の回数や尿の量などをメモしていくとよいでしょう。

 

※ ヨードは胎児の成長に不可欠な栄養素だが、過剰摂取し続けると胎児の甲状腺に蓄積され、先天性甲状腺機能低下症を起こすとされている。ただし口から摂取したヨードの3/4は24H以内に排出されてしまうため、含有量=摂取量とはいえない。

(参考文献:『悪阻(ツワリ)なんてこわくない 安産のための手引き』恩田威一/2013年)

妊活中・妊活経験のある芸能人まとめ!

今回は妊活中や妊活の経験のある芸能人についてまとめていきます。

森三中の大島美幸さん

1

出典:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000334.000004829.html

大島美幸さんといえば妊活休業をし2014年5月から妊活のために芸能活動を休止していましたね。結婚後10年が経っても、子どもを抱くことができずに悩んでいたそうです。悲しいことに自然妊娠で授かった赤ちゃんも二回流産してしまったということです。大島さんの夫である鈴木おさむさんも妊活に協力的だったこともあり2015年2月に妊娠6ヶ月を公表しました。その後、無事に出産をされママになっています。

お笑い芸人でもある森三中の大島美幸さんはとっても体を張ったこともされていたので妊活のための芸能活動休を発表した時はビックリしました。二度の流産をされていたりと悲しいこともあったとは思いますが妊活休業の甲斐あって無事に妊娠、そして出産をしママになれたことは喜ばしい話ですね!

松たか子さん

2
出典:http://www.crank-in.net/entertainment/news/34005

松たか子さんも妊娠するために禁煙、禁酒をしていたそうですよ。あまりタバコを吸っているというイメージはなかったのですがかなりのヘビースモーカーだったらしく何度も禁煙を試みるも完全に禁煙をできずにいたそうです。しかし妊娠するために禁煙をしはじめ、禁酒もして頑張っていたそうです。健康のために青汁やアサイージュースといったものも試したそうです。なんと妊活のためにドラマの出演も諦めたそうです。そして、妊娠・出産を経て現在も活躍されています。

東尾理子さん

3
出典:http://www.officiallyjd.com/wp-content/uploads/2012/06/20120601_yamamototarou_03.jpg

不妊治療をされていた東尾理子さん。原因不明の不妊症で色々と不妊治療を受けていたそうです。排卵誘発剤をの副作用に悩まされたりして体外受精で妊娠するもお腹の赤ちゃんがダウン症の可能性があると言われたそうです。生まれてきた赤ちゃんは元気な男の子だったそうです。その後、第二子を授かるために再び妊活をされ妊娠、そして出産されました。現在は二児のママをされています。そんな東尾理子さんはブログにて不妊治療や妊娠中、そして出産のことまで公表されていますので不妊治療ってどんな感じなんだろうと思う方は参考に読んでみるといいかもしれません。

矢沢心さん

4

出典:http://ameblo.jp/yazawa-shin/

年齢が若かったとしても不妊治療が必要であることもあります。矢沢心さんは25歳の時に結婚されたのですが約5年間も不妊治療を受けていたそうです。若ければ妊娠も出産も必ずできると思いがちですが意外にそういう訳でもないということがわかりますね。矢沢心さんも長い不妊治療の甲斐あって第一子を妊娠、出産されました。その2年後にはなんと自然妊娠で第二子にあたる赤ちゃんがやってきてくれたそうです。矢沢心さんは大島美幸さんと仲が良く妊活のことも色々とお話ししていたそうです、やはり、理解しあえる仲間がいるのはいいですよね。そして何よりも矢沢心さんの旦那さんである魔娑斗さんと支えあって頑張ったからこその結果ですね。

永作博美

5

出典:http://www.oricon.co.jp/prof/194346/photo/p0020160712045970400146830637307/

————
永作博美さんも不妊治療の末、高齢出産で2人出産されました。39歳の時にと42歳の時に出産されたそうで高齢出産の定義からいくと凄いことだそうです。そんな永作博美さんは二度の流産を経験し医師に習慣性流産、不育症の疑いがあると言われたそうです。冷え性の改善に努めるなどをし妊娠、出産できたのは努力の甲斐あってですね。これからも女優さんとして頑張ってる姿を見たいですね!

釈由美子さん

6
出典:http://ameblo.jp/yumiko-shaku/entry-12180950339.html

釈由美子さんも排卵障害を患いながらいながら結婚後、数ヶ月で妊娠できたそうです。不妊症の原因でメジャーな多嚢胞性卵巣症候群では自然妊娠は難しいようです。37歳という年齢もあり不妊治療が長期間になることも覚悟していたそうですが奇跡的ともいえるスピードで妊娠できたのは本当に喜ばしいですね。現在、妊活を頑張ってる方ももしかすると釈由美子さんのように短期間で妊娠することが出来るかもと期待できますね。

まとめ

今回は妊活を経験した方や妊活を経て出産を最近した方を紹介しました。妊活を始めたばかりの方もすでに頑張っておられる方も同じように妊活を頑張っている方は多いと思えば、また明日から少し前向きになれそうですよね。授かりものであるがゆえに悩んだり、喜んだりと色々とあると思いますがめげずにいてほしいです。私自身も妊活をしながら二度流産を経験して、その後に出産できました。妊活中は一喜一憂することも多く沈みがちな日もありました。芸能人の方の体験や改善に役立つ方法をうまく取り入れてぜひ、赤ちゃんを授かりたいですね!

妊活中のコーヒーは要注意?カフェイン摂取量と妊娠力の関係

コーヒーが好きという方は多いと思います。でも、そのコーヒーが妊活にあまり良くないかもしれないとしたら、あなたはどうしますか?カフェインが妊娠にどのように関係しているかなどをお伝えしていきますので今後の参考にして下さい。

そもそもカフェインって何?

カフェインには興奮作用を持っていたりと精神刺激薬のひとつだそうです。覚醒作用、解熱鎮作用、強心作用、利尿作用といった作用がありコーヒーを始め緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココアといった馴染み深いものにも含まれています。

妊活中のコーヒーは飲んでもいい?

基本的には妊活中も妊娠した後もコーヒーを1日1〜3杯位であれば問題はありません。ただし飲み過ぎには注意が必要です。コーヒー以外にも普段飲んでいるものの中にもカフェインが含まれているものがありますので注意が必要です。

カフェインの摂取量で妊娠に影響はある?

妊活中にカフェインを摂ることは血管の収縮をさせてしまうので全身に回る血が減ってしまうことで冷えの原因になります。妊活中の方にとって冷えは大敵ですので過度にカフェインの入っているコーヒーの摂取は控えることが大切です。
血流が悪くなることで子宮や卵巣に十分な血液が回らない可能性もあり、それにより生理不順を引き起こしてしまうので結果的に妊娠しにくい状態になることもあるので気をつけたいですね。

カフェインレスのものを代用すると良い

カフェインが妊活中や妊娠中によくないということはよくわかったと思いますがそうはいっても長い期間、それを控えるのは逆にストレスになる可能性もありますよね。そんな時にオススメなのがカフェインレスのコーヒーやその他のカフェインレス商品です。今はそういったカフェインレスの商品が多く取り扱われており種類も豊富です。カフェインレスではないもののかなりカフェインをカットした商品も販売されているのでそういったものを上手に取り入れることで長い期間も乗り越えられると思います。

オススメのカフェインレス商品

妊活中でも安心して飲めるコーヒーを紹介します。

①WAKODO牛乳屋さんのやさしい珈琲

カフェインレスのコーヒーを使用しているのでカフェインを避けたい時期などにオススメです。生クリーム入りなのでホッとするやさしい味わいです。お湯だけでなく水でもサッと溶けてくれるので季節を問わずに楽しめます。

この牛乳屋さんのやさしい珈琲を飲んだことがあるのですが本当に飲みやすいです。妊活中から産後を通してコーヒーと名のつくものは避けていたのですがそろそろコーヒーを飲みたいと思って飲んでみたのがこれでした。小分けのタイプもあるので初めて飲む方はそちらから試してみると良いと思います。

【インスタント】WAKODO 牛乳屋さんのやさしい珈琲 1袋(220g)

②スターバックス・デカフェ コモド ドラゴン ブレンド

フレッシュなハーブや大地を思わせるような風味、複雑な味わいのカフェインレスコーヒーです。スターバックスのお店でも飲むことができます。

スターバックスもよく行くのですがなかなか、このデカフェのものを試せていませんが紅茶でもノンカフェインを勧めてくれた店員さんがいました。今度カフェミストにして頼んでみようと思います!

デカフェ コモド ドラゴン ブレンド

③たんぽぽコーヒー

焙煎した、たんぽぽの根で出来ているたんぽぽコーヒーにはカフェインは含まれていません。妊娠中や授乳期の方にオススメとされていますが妊活中の方にもオススメです。たんぽぽコーヒーという名称で多くの商品が販売されています。たんぽぽの効果としては母乳の出を良くしてくれたり、利尿作用があるのでむくみの改善に効果的です。また、胃や肝臓の機能向上にもよく、冷え性や便秘といった女性に多いトラブルにも効果があるのが嬉しいですね。人によってはコーヒーっぽくないという方もいるかもしれませんがノンカフェインで良い効果が多いのでぜひ、試してほしいと思います。

mama de cafe

ママデカフェで取り扱われているコーヒー豆はカフェインが0.1%以下なので安心して飲むことができます。ノンカフェインで更にオーガニック、そしてノンカフェインにするための除去方法もなんと水だけで行う「マウンテンウォーター製法」と呼ばれるものだそうです。それ以外にもコーヒー専門店であることから原料、焙煎にもこだわっているそうです。カフェラテ派の方にも嬉しい希釈用の有機デカフェ・ラテベースというのも販売されています。

ママデカフェ

まとめ

今回はコーヒーに含まれているカフェインについてお伝えしてきました。コーヒーが好きという方、多いと思います。妊活中も出来れば飲みたいですが飲み過ぎには注意してほしいと思います。またノンカフェインの商品も多く販売されていますので出来れば、そちらを飲むようにすると安心して妊活中も楽しめると思います。

妊活中のお茶はこれだ!元気な赤ちゃんを生むために飲んでおきたいお茶の選び方・オススメ

妊活中の水分補給

妊活中は口にするものに普段以上に気を使ったりするもの。身体を冷やさないように冷たいものをとらなかったりという工夫をされている方も多いですよね。
そんな妊活中でも手軽に楽しめて、さらに妊活に効果もあるお茶があるのをご存じですか?お茶は毎日飲むもの。せっかく飲むなら妊活にも良いものを選んで、ほっと一息つける時間を楽しみましょう。

妊活にぴったりなお茶の選び方

とはいえどういうものが「妊活に良いお茶」なのでしょうか。ここでは妊活中にお茶を選ぶときに気を付けたいポイントをご紹介します。

身体に優しいものを選んで

まずはカフェインが含まれていないこと。利尿作用があり身体を冷やしてしまうカフェインは妊活には適しません。妊娠するとカフェインを控えたりということも必要になってきますので、少しずつ辞めていくのが良いでしょう。
カフェインというとコーヒーや紅茶を思い浮かべてしまいますが、実は緑茶にも豊富に含まれていたり気を付けていても無意識に口にしていたりすることがあるので注意が必要です。

ハーブティーにご注意

さらに気を付けたいものといえば「ラズベリーリーフティー」。安産のお茶とも呼ばれ、臨月(37週以降)に飲むと子宮収縮などを促しスムーズなお産にしてくれると言われているハーブティーです。子宮の筋肉に作用するので時期に気を付け、妊娠初期などは絶対に飲まないようにしましょう。
ハーブティーはノンカフェインで身体にも優しいというイメージがありますが、他にもハトムギやカモミールなどには子宮収縮作用のあるものがありますので、飲む際に一度調べておいたほうが安心です。

ストレスをためない選択

しかし、一番はストレスをためないこと。例えばコーヒーが大好きという人が妊活を考えるようになったからと言って、無理に辞めてしまうとストレスを感じてしまいますよね。
少量の摂取であれば気にしなくて良いという多数の医師の見解からも言えるように、コーヒーや紅茶などのカフェイン飲料は1日1~2杯に抑えておき、あとは以下で紹介するノンカフェインのお茶に置き換えるようにするなど、ストレスをためない工夫も必要です。

これがオススメ!妊活中のお茶ベスト4

それでは妊活中に飲みたいお茶とその効果、そして楽しく飲み切れるおすすめアレンジまでご紹介します!

ルイボスティー

妊活に良いとして代表的なお茶です。ノンカフェインで苦みは少なく、特にクセのない味でほんのり甘く、紅茶などを好んで飲んでいた方にもスムーズに受け入れられそうです。
美容やダイエットにも良いと女性に人気のルイボスティーですが、ミネラルや亜鉛、カリウムなどの栄養が豊富で不妊にも効果があるといわれています。男性にも効果があるので、パートナーと一緒に飲むのもおすすめです。

【ルイボスティーのおすすめアレンジ】
ミルクを足してミルクティーにしたり、生のフルーツでフルーツティーにしたりと紅茶と同じように楽しんでみましょう。さっぱりとしていて夏場の水分補給などにもぴったり!

ローズヒップティー

ローズヒップティーはビタミンCが豊富なことで有名です。ホルモンバランスを整えてくれるといわれており、生理不順やPMSに悩む方にぴったりです。
また、甘酸っぱくフルーティなのでジュースのかわりにも。お茶が苦手という方にもぜひ試してほしいハーブティーです。

【ローズヒップティーのおすすめアレンジ】
カルピスをローズヒップティーで割ってみてください。薄いピンクがかわいらしい、まるでカクテルのような飲み物に大変身します。

黒豆茶

黒豆茶は、一時期ダイエットに良いと流行ったことを覚えている方もいらっしゃるかもしれませんね。大豆イソフラボンが豊富に含まれる黒豆茶は黄体ホルモンに作用し妊娠しやすい身体を作ってくれ、不妊にも効果があるとされています。
味は香ばしく麦茶に近い風味で飲みやすさも抜群。豆乳やお豆腐は苦手だけど、イソフラボンをとりたい!という方にもピッタリなお茶なんです。

【黒豆茶のおすすめアレンジ】
濃い目に入れた黒豆茶にふやかしたゼラチンを入れ、冷蔵庫で固めれば黒豆茶ゼリーの完成です。コーヒーゼリーのようにミルクをかけて食べれば低カロリーオヤツの完成です。

たんぽぽ茶

こちらは妊活に限らず、妊娠中から授乳期まで広く飲みたいお茶のひとつです。たんぽぽ茶はたんぽぽの根を焙煎して作るお茶で、味は香ばしくハーブティーのような口当たり。
女性ホルモンのエストロゲンの量を増やしてくれるとのことで妊活に効果的と言われているのですが、含まれる栄養素も豊富でしっかり栄養補給ができるのもポイントです。さらに授乳期には母乳の出を良くしてくれたりとうれしい効果も。

【たんぽぽ茶のおすすめアレンジ】
たんぽぽ茶はたんぽぽコーヒーとも言われるように、少しコーヒーに似ています。ですからミルクをたしてたんぽぽカフェオレにするのがおすすめ。これならカフェインも気にすることなくカフェオレをたのしめます。

妊活中だってホッと一息ついて

いろいろ考えてしまうことも多い妊活中。そんな毎日の中でも心休まる時間を作れたら理想ですよね。お茶なら手軽で生活の中にも取り入れやすく、簡単に挑戦できそうです。
気になった方はぜひ試してみて、自分の好みのものを見つけてみてください。

明日から試したい、妊活中の子宝にまつわるジンクス5選!

妊活中は子どもが授かれるかも?!と聞けばなんでも試してみたい!そんな気持ちになりますよね?今回はそんな妊活中のあなたに子宝にまつわるジンクスを紹介します。筆者も試したことのあるものも登場しますのでぜひ、試してみたい方は試して下さいね!

①子宝の待ち受け

子宝の神様木村さん

毎日多くの方がサイトに子宝の祈願や安産祈願をネット上でしています。多くのお礼の言葉もあり木村さんの神秘的なパワーであなたも赤ちゃんを授かることができるかもしれません。この木村さんの画像を待ち受けなどにするといいですよ!筆者も待ち受けにしたり大切に保存していました!

子宝の神様木村さん

コウノトリビューピー

ベビ待ちを応援しているサイトなので妊活中の女性にオススメのサイトでもあります。無料で登録することで基礎体温表や日記、コミュニティを使えます。子宝・安産祈願の神社でお参りするとお守り(画像)が届きますよ!こちらも授かれたという声が多くあります。筆者もこのビューピーちゃんの画像を待ち受けにしていました。

コウノトリ本舗

③パワーストーンを身につける

子宝にいいというパワーストーンを身に付けることで授かりやすくなるかもしれません。パワーストーンには子宝以外にも色々な効果のあるものがあります。その時のあなたに必要な石を選んで自分のオリジナルのパワーストーンのブレスレットを作ってもらえば身につけられます。

子宝に良いとされる石はガーネット、ローズクウォーツ、マザーオブパール、珊瑚、カーネリアン、ムーンストーン、インカローズなどです。パワーストーンを身につけた方の口コミをみると授かることができたという口コミもありましたので効果も期待できるかもしれませんよ!

④お墓参りに行く

それって考えすぎなのではと思いますか?筆者の友人から聞いた話では友人の知人がなかなか授かれずにいた時、霊感のある方にみてもらったら「ご先祖の御墓参りに行きなさい。」と言われたそうです。その方は御墓参りに後に本当に妊娠できたそうですよ。

もちろん科学的な根拠はありませんがどちらかのお墓に行ってご先祖に挨拶が済んでいなかったりする場合になかなか妊娠できないということもあるようです。筆者である私も実家の父側のお墓に結婚後に行けてなかったので妊娠できないで悩んでいた時に御墓参りに行きました。とても不思議なことが起きたのできっと妊娠できると思っていた矢先に本当に妊娠できました。今、自分自身が今、生きているのはご先祖様がいたからこそ、そういう感謝の気持ちでお参りにいってみるのも良いと思います。

⑤子宝で有名な神社やパワースポットに行く

子宝に良いとされる神社やパワースポットに旦那さんと行くと良いですよ!旅行も兼ねて行ってみると日々の妊活疲れも癒せること間違いなしです。そして前向きなお祈りをすることでオキシトシンが分泌されストレスを減らしてくれるそうです。他にも免疫力のアップなど体に良い効果が期待できそうです。100%の保証はできませんが楽しいことは気持ちを前向きにしてくれますし旦那さんとの仲も良好になります。

まとめ

今回は妊活中にオススメの子宝にまつわるジンクスを紹介してきました。すぐに試せるものなどもあります。筆者も試したことのあるジンクスばかりを紹介させていただきました。全て試した結果、筆者自身はそのおかげもあってか妊娠・出産することができました。妊活中の方にとってはこういったジンクスも試して前向きに過ごしていきたいですね。

妊活中に飲む葉酸サプリの選び方、オススメ、摂取量はどれくらい?

妊活中の必需品?葉酸サプリ

妊活をしているみなさんはきっと一度は聞いたことのあるワード、「葉酸」。妊活中には絶対飲むべき!や妊娠中に必要な栄養素、などさまざまな情報が飛び交っていますよね。
そもそも葉酸って何に入ってるの?サプリメントで飲むのはどうなの?選び方がわからない!など分からないことだらけ。そんないろいろな疑問をここですべて解決します。

葉酸って?

まず葉酸ってなんなのでしょうか。

葉酸は、水溶性のビタミンB群の一種です。

引用:http://yo-san.jp/aboutyosan/

特に妊娠や授乳中に必要な栄養素とされており、おなかの赤ちゃんの先天性の病気のリスクを低くしてくれる効果があるといわれています。さらに授乳期には赤ちゃんの発達を促してくれるなど、赤ちゃんとお母さんの両方にとっても大切な栄養素なんです。

葉酸はいつからとるべき?

葉酸が必要になるのは妊娠して4週から12週の妊娠初期だといわれています。4週となると生理予定日のその日となる超初期の段階ですよね。まだ妊娠にも気づいていない時期でもあります。
そんな妊娠して間もないうちから必要になるため、妊活中にもとるのが良いとされているんです。
そして実は葉酸には子宮内膜を厚くしてくれる作用もあり、着床率を上げてくれる効果も期待できます。まさに妊活中にも積極的にとりたい栄養素というわけなんですね。

実はパパにも葉酸が良い!

葉酸といえばママや赤ちゃんの話題が中心になってしまいがちですが、男性が摂取すると精子の質を高めてくれる作用がある事がわかっており、実は妊活中のパパにも積極的に摂取してほしい栄養素の一つなんです。

何よりも妊活は夫婦二人でするもの。同じサプリメントを飲んだり、一緒に食事のメニューを考えるなどコミュニケーションをとりながら楽しく葉酸を摂取できたら理想ですよね。

どうやってとる?サプリメントでもいいの?

先ほど葉酸は水溶性のビタミンだという話が出てきました。ブロッコリーやホウレン草などに多く含まれています。しかし、そのように食材から摂取した場合、全体の半分以下しか吸収できないことが分かっています。さらに熱に弱く水溶性のため、熱では壊れ水に溶けだしてしまうという特徴があり、うまく調理することが難しいのです。そのため葉酸はサプリメントでの摂取を推奨されています。

でもサプリメントだと種類も豊富ですし、どう選べば良いのかわかりづらいですよね。ここからは葉酸サプリメントの選び方についてご紹介します。

葉酸サプリの選び方のポイント4つ

ポイント1 1日に必要な量入っているか?

妊活中の女性には1日に400㎍(マイクログラム)の摂取が望ましいとされています。ほかの食品からも摂取するとして、200㎍以上はサプリメントでとりたいところでしょう。
ちなみに1日1000㎍以上の摂取は過剰となり、逆効果となってしまうことも。一度の大量摂取ではなく、継続的に摂取することを大切になってきます。

ポイント2 体に優しい成分かどうか

サプリメントはたくさんの栄養素を一度に摂取できるのがメリットですよね。でも食材や入っている材料を直接目にすることができないので、何が入っているのか少し不安に感じる面も。妊活中ともなればその不安は増しますよね。
そこで原材料名をしっかり確認して納得したうえで飲むことをオススメします。ネット注文でも原材料名を確認できるので注文前に調べておきましょう。中には国産で無添加のものやオーガニックのものもありますので、そちらを選ぶのも安心ですよね。

ポイント3 飲みやすさ

妊娠初期にも必要とのことなので、飲みやすさも少し考えておくと良いかもしれません。なぜならつわり等があり、思うように飲めなくなることがあるからです。
筆者は妊活中、体に優しい成分を…とオーガニックの海外産の葉酸サプリメントを注文して飲んでいました。しかし、においがキツく錠剤も大きかったため無事に妊娠したのですが、つわりがはじまり飲めずじまい。結局国産のものを買いなおすことになってしまいました。
妊娠すると以前とは体質が変わってしまうなどのトラブルも起こってしまうことも。すべてを把握するのは難しいかもしれませんが、事前に口コミが確認しやすいようなものを選ぶようにするのも一つの手だと思います。

ポイント4 せっかく飲むならたくさんの成分を

さまざまな葉酸サプリメントがあり、中にはシンプルに葉酸のみのものもありますが大体がたくさんの栄養素と一緒になっていると思います。葉酸はビタミンB12と一緒に摂取することで効果を発揮できるなどのメリットもあるのでそちらを選ぶほうがより効果的です。
妊活中に飲みたいマカや、妊娠中に積極的にとりたい鉄分などの栄養素も含まれているものがあるので自分に合わせて飲んでいくのが良いでしょう。

正しく選んで飲んで

ママにも赤ちゃんにも大切な葉酸。
赤ちゃんのため!と思ってもたくさんの種類があると迷って選べなくなるもの。上記のポイントをおさえて、自分にぴったりものを選んでくださいね。

妊活中に退職する時に気をつけたい6つのポイント

妊活中も仕事を続けていくのはやはり大変ですよね。最初は両立できると思っていたけれど、やっぱり赤ちゃんを授かるのを優先して生活したいと思ったあなたが今後退職する時に気を付けたいことをお伝えしていきます。今、現在どうするか悩んでいる方の参考になればと思います。

①経済面での不安

働くことを辞めれば今まで得ていた収入も入らなくなります。妊活中でとくに病院での不妊治療をしている場合は仕事を辞めても結構な額のお金がかかります。現実的に妊活をするために仕事を辞めたくても難しい方もいるかもしれません。

また妊活で前もって仕事を辞めてしまうと仕事を続けていた場合にもらえる産休制度でのお金を支給してもらえません。こうしたことも踏まえて妊活で仕事を辞める場合には不妊治療のための貯金やパートナーの助けが必要になります。

②再就職するのが難しくなる

妊活中を問わず妊娠中に仕事を辞めると育児にひと段落がついてからの再就職先を見つけるのが難しくなります。妊活を卒業して妊娠、出産したらまた働きたいと思っている方はもう一度、再就職するまでに時間がかかっても問題がないかなど夫婦で話し合っておきましょう。すぐに再就職できないことも考えて予め貯金をしておく必要もあるかもしれません。

③妊活中のストレスもある

妊活中は不妊治療をしていれば治療のストレス、家にいる時間が増えることによるストレスなどがかかる場合もあります。仕事にやりがいを感じていた方にとっては後から仕事を辞めなければよかったと思うこともあるかもしれません。仕事でストレスを感じることもあれば逆に仕事によってストレス発散ができていたということもあります。それでも今のままでは精神的にも生活を送る上でも辛く、それにより妊娠しづらいと思う方にとっては妊活で仕事を辞めるのは悪いことではありません。

④夫との立場が対等でなくなる可能性も…

妊活で仕事を辞めた途端に夫との関係が悪くなったということもあるかもしれません。妊活で仕事を辞めるとその後の生活は夫の給料や今までの貯蓄などで暮らしていくことになると思います。授かるまでに時間がかかるとどうしても心の余裕がなくなった夫が心無い対応をしてきたり、夫との上下関係が出来てしまうこともあります。これにより夫婦仲が悪くなるのは明白です。今まで自分のためでもあったとはいえ一生懸命頑張ってきたあなたに対してそのような態度をずっと、されてしまえば夫婦仲は冷めて赤ちゃんを授かるための妊活をする意味もなくなってしまいます。更に悪化してこじれてしまうと最悪、離婚なんていう結末まで待っている可能性もあるので今後の生活などについて夫との話し合いをしっかりしておくことが大切です。

⑤失業給付金をもらえる

妊活で仕事を辞めた場合も失業給付金をもらうことができます。妊活中で仕事を辞めた場合と妊娠してから仕事を辞めた場合では失業給付金の対応が違ってくるそうです。妊娠してから失業給付金をもらう場合は今の状況で仕事を続けることや探すことが出来る状況でないということから失業給付金の受給期間が延長される措置が取られるそうです。こういった給付金などもらえるものは上手く活用するべきなので仕事を辞める前にハローワークで詳しいことを聞いておくと今後も安心です。

⑥妊活はオープンにしにくいのが現状

妊娠や出産であれば産休や育休をもらえますが不妊治療や妊活ではそうもいきません。最近でこそ芸能人の方も妊活ということを公にしていますがなかなか仕事場でそれを口にするのは難しいものです。不妊治療だと通院頻度が増えることで隠したりつじつま合わせが難しくなります。例えば仕事場でオープンにしても最初は好意的に応援をしてくれていても時が経てば苛立ちをみせたりし始める上司や同僚もいるかもしれません。周りの人にとっては他人事であることや、いつ妊娠するかは自分自身も周りも分からないことであるからこその現実かもしれません。もっと温かい目で妊活を応援してくれる世の中であればこうはならないかもしれませんね。

まとめ

今回は妊活中に退職する時に気を付けたいポイントについてお伝えしてきました。一通り読んでみて迷っていた方はどうでしたでしょうか?妊活中は仕事や日常生活の両立できっと大変だと思います。不妊治療を病院で行っている場合には更に負担も多いのではないでしょうか。パートナーとの関係も含めて今一度、妊活中の退職をできるか考えてみて下さいね。確かにマイナスなポイントが多くメリットの方が少ないと感じたかもしれません。でも、あなたの一番の目的は「赤ちゃんを授かる」、「授かりたい」ということです。それに向かってパートナーに理解を得て妊活に専念してほしいと思います。案外、ストレスから開放されると妊娠しやすかったりするんですよ!

妊活中にオススメのアロマ6選!ストレスを解消して楽しい妊活を

今回は妊活中にオススメのアロマを紹介していきます。ストレス解消法は色々ありますが香りでストレスを解消して楽しい妊活をしましょう。日々を楽しみながら妊活することで赤ちゃんもきっと、あなたのところにやってきてくれますよ!

妊活中にアロマがオススメな理由は?

アロマテラピーとはアロマ(芳香)+テラピー(療法)=「芳香療法」という造語です。この、アロマテラピーには植物が持っている香り、有効成分が凝縮している精油を使って人間に本来備わっている自然治癒力や健康維持、疲労回復、体調不良といった不調を癒して病気になりにくい体質を作る効果があります。

女性にとってアロマテラピーは良い香りに包まれることでリラックスでき女性ホルモンや自律神経のバランスを整えてくれる効果があるので妊活中の女性にオススメです。妊娠しやすい体づくりをアロマテラピーで始めてみましょう。

妊活中にオススメのアロマ6選!①イランイラン

イランイランにはホルモンのバランスを整えてくれたり子宮の強壮や生殖機能を高める効果があるため不妊や妊娠に期待ができます。

またアドレナリンの流出を抑え、幸福感をもたらしてくれるのでストレスを抱えやすい状況の人の不安や怒り、緊張感を取り除いてくれます。乾燥肌や油性肌など幅広い肌のタイプの方に美容効果があります。女性にとっては女性らしさを引き出してくれる香りなのでパートナーとタイミングをとるときなどにもいいかもしれません。

妊活中にオススメのアロマ6選!②ローズ

ローズは愛の象徴とされていて花の女王とも言われています。そんなローズには女性の不調である女性ホルモンを整えたりイランイランと同様に子宮強壮など生殖機能の不調にもいいです。

精神的なものから起こる高血圧、動悸にも有効で心を癒したり、穏やかに元気を取り戻すことができます。また美容に最適で肌の炎症を抑え吹き出物にも効きます。老化や乾燥に対する保湿効果もあります。

妊活中にオススメのアロマ6選!③クラリセージ

このクラリセージも女性特有の不調に効果があります。月経痛、PMS、出産時の痛みや不安を緩和してくれます。それ以外にもクラリセージに頭痛や偏頭痛にみ効果があるなど咳や喉の感染症にも効果的です。

心をリラックスさせてくれます。優柔不断、混乱、不安といったマイナスな感情を和らげてくれ安定させてくれます。皮膚の感染症を防いでくれるので余分な皮脂の分泌を抑えたりフケの防止、脱毛予防などにも効果があります。

妊活中にオススメのアロマ6選!④ゼラニウム

血液の循環を促してくれる作用があり、特に目や関節痛、神経痛、リンパの停留に改善もしてくれます。ゼラニウムには女性的な感覚に関わりがあり感情を受け入れたり直感や感受性を高めてくれます。そうなることでリラックスにも繋がります。

抗炎症作用があるのでニキビ、湿疹といった皮膚のトラブル改善に役立つなど肌に良い作用をもたらしてくれます。

妊活中にオススメのアロマ6選!⑤ベルガモット

ベルガモットは元気を取り戻したい!と思った時に利用するといいそうです。気持ちが落ち込んだ時にはリフレッシュさせてくれ、ストレスでイライラしがちな時には気持ちを落ち着かせてくれまし。また、ストレスによる食欲不振の改善にも効果があります。ベルガモットには殺菌作用があるのでニキビ、吹き出物の改善やヘルペスや湿疹の症状を緩和してくれます。妊活中にイライラする時にはこのベルガモットで気持ちをリフレッシュするといいですね。

妊活中にオススメのアロマ6選!⑥ジャスミン

ジャスミンは古くから「子宮のハーブ」と言われており生殖機能を高めてくれます。月経痛、PMSといった女性特有の不調に効果があり、難産の時にも使用されていたそうです。体を温める作用もあり月経痛を和らげてくれます。出産後にも効果を発揮するので妊活中の方は妊娠中以外はジャスミンと覚えておくといいですよ。また気持ちを和らげ愛情を分かち合う感情を呼び覚ましてくれます。妊活中にパートナーと上手くいかない時はこのジャスミンの香りで心のゆとりを取り戻しましょう。肌の保湿作用、抗炎症作用もありますので美肌にも効果的ですね。

アロマテラピーをする上での注意点

妊活中に良いとされるアロマテラピーですがアロマオイルは自然のものよりもかなり濃縮されているので使い方を誤ってしまうと健康を損なってしまう可能性もあります。

  • アロマオイルの原液を飲まない
  • アロマオイルの原液を肌に直接つけない
  • 光感作用のあるアロマオイルに気をつける

以上のことには注意しましょう。また妊娠したら一旦使用を中止し、そのアロマオイルが妊娠中に使用可能かを確かめましょう。一部のものには子宮を収縮させる作用があり妊娠初期には適さないものもあるので注意しましょう。

まとめ

今回は妊活中にオススメなアロマテラピーについて紹介してきました。妊活中はストレスも溜まりやすいのでぜひ、アロマテラピーで香りを楽しみながらストレスを和らげましょう。アロマオイルは使用の仕方を間違えるとよくないので気をつけましょう。あなたのお気に入りのアロマを見つけて妊活を楽しんでくださいね!

妊活中のストレスの原因と解消方法4選!【お母さんの心の健康】

妊活中は「赤ちゃんを授かりたい」という気持ちから頑張りすぎてストレスを溜めやすくなってしまうこともあるかもしれませんね。それ以外でも日常生活や仕事でストレスになることもあるのが現実です。今回は特に多い妊活中のストレスの原因とストレス解消方法を今回は紹介しますので是非、参考にしてくださいね。

妊活中のストレスの原因①周りからの期待の言葉や否定的な言葉

周囲の人からすると親切心や嫌味ではなく放たれた一言も妊活中の女性にとってはストレスに感じてしまうことも結構あるのではないでしょうか?「まだ赤ちゃん出来ないの〜」、「2人目はまだ?」、「仕事してるから出来ないんじゃないの?」など・・・期待を込めてくれたり、心配のつもりで言ってくれていたとしても、身内や他の人からも同じようなことを言われていたら、やはり嫌な気持ちになったりしますよね。赤ちゃんが出来ないことに一番悩んでるのは自分自身ですし、周りからの期待などはプレッシャーになり結構なストレスになるものです。

また妊活というと変な目で見てくる人もいたりして、なかなか周りの理解を得られないこともありますよね。

妊活中のストレスの原因②仕事によるストレス

働きながら妊活を頑張っている方もいると思います。なかなか仕事をしながらだと仕事仲間との付き合いで疲れてしまったり、業務が毎日ハードだったりすることでストレスを感じてしまうこともあると思います。仕事はやりがいを感じたり出来ますがいつも順調かどうかは分かりません。時には失敗をしてしまうこともあり、それが想像以上に落ち込む原因になったりすることもあると思います。

妊活中のストレスの原因③妊活や不妊治療によるストレス

やはり妊活を始めてもなかなか授からない場合や長く続く不妊治療に先が見えない分、参ってしまうこともありますよね。赤ちゃんは授かりものだからこそ、いつ妊娠出来るかも分からないし・・・このまま妊娠出来ないんじゃないかと不安になったりもします。このようなストレスは妊活や不妊治療をしている女性はみんな感じたことのあるストレスだと思います。

それではここからは妊活中のストレスを解消するための方法を紹介していきます。

妊活中のストレス解消方法①睡眠をしっかりとる

やはり睡眠時間が短いと生活リズムが崩れることで自律神経が乱れ、不安定になったり、イライラしたりしてしまいます。そうならないためにもしっかりと6~7時間の睡眠時間をとりましょう。特に22時から2時までのゴールデンタイムに睡眠をとっておくことが大切です。

妊活中のストレスの解消方法②食事を楽しむ、バランスの良い食事にする

好きなものや美味しいものを食べるのは楽しみの一つですよね?食事もストレスを解消できる方法の一つです。炭水化物にはトリプトファンといわれるアミノ酸を脳まで運んでくれてビタミンB6と合成されま。それにより心が安定するセロトニンを作ってくれます。

妊娠するのに必要な栄養は食事から取り入れることが出来るのでバランスの良い食事を心がけるのは心を安定させるのにも効果があります。だからと言ってバランスの良い食事をとるのを楽しめなくなっては意味がないので外食やスイーツなど好きなものをとるなど食事を楽しめるようにするといいですよ。

妊活中のストレスの解消方法③旦那さんと仲良くする

妊活をする上で旦那さんとの仲は大切です。1人では妊娠することは出来ないし、やはり妊活する上での一番の相談相手は旦那さんだそうですよ。あなたもきっとそうですよね。

旦那さんとの時間を楽しんだり会話をすることでセロトニンの分泌に繋がり心の安定になります。旦那さんと普段から仲が良いということは赤ちゃんを授かるのにもとっても重要です。やはり夫婦仲が悪いのは喧嘩やストレスの原因になりますので気をつけたいですね。

妊活中のストレスの解消方法④日記を付けてみる

妊活中は嬉しいことも悲しい事もあるかもしれませんがそんな、ちょっとした毎日のことを日記に付けてみると良いかもしれません。長く書く必要はありません。毎日のちょっとしたことを日記につけると見返したら、その時どんな気持ちだったかなども分かります。

マイナスなことを書紙に書き出してみると意外にスッキリするものです。

妊活中のストレスの解消方法④体を動かす

妊活中は運動することも大切です。お家でヨガをしたりするのもいいですがたまには旦那さんと一緒に思いっきり外で体を動かすのもストレス発散になります。

まとめ

今回は妊活中のストレスの原因やそのストレスの解消方法をご紹介しました。夫婦で一緒に楽しめることを見つければ仲も深まります。一番はストレスを溜めないことが一番ですが日常生活や仕事ではどうしてもストレスを溜めてしまいがちです。妊活がうまくいっているかどうかでもストレスになりますのでぜひ、日常で取り入れられるストレス解消方をして妊活をしていって下さいね。

妊活のタイミングは?正しいタイミング・回数でエッチをして妊娠力をあげよう

妊活の中で最も重要なのがエッチの「タイミング」です。今回は妊活における正しいタイミングや回数などについてお伝えしていきます。妊娠に繋がりやすいタイミングを学んで早く妊活を卒業したいものですね。

妊活におけるタイミング法とは?

タイミング法とは毎月1回ある生理周期の排卵日に合わせてタイミングをとります。そして妊娠できたかを確認します。上手くいけば、すぐに妊娠できる方もいますがおおよそ半年から1年くらいは妊娠までに時間がかかるようです。タイミング法を1年ほど取り組んでも妊娠できなかった場合、その後に妊娠する可能性は低いとも言われています。

妊娠できる確率の平均

  • 1回目が30%台
  • 2〜3回目が20%台
  • 4回目以降が10%前後

以上のようになっています。勿論、この確率は平均ですので全ての方に当てはまるわけではありません。

正しいタイミング法

最も正確なのは産婦人科を受診し排卵日を予測してもらって、その日にタイミングをとることです。事前に基礎体温、超音波検査、ホルモン検査といったものをします。また、自然な周期でのタイミング法が上手くいかない場合は排卵誘発剤を使うことで妊娠しやすいようにするほうほうもあります。

妊娠しやすい回数は?

たくさん回数をこなせば妊娠しやすいかというとそういうものでもありません。最も妊娠しやすいのは排卵日の2日前と言われています。どの年代であってもやはり排卵日の2日前が妊娠しやすいそうです。

その理由は排卵がすでにされている状態でなくても精子は48時間ほどは元気でいられるので1日程度であれば卵子を待っていてくれます。

タイミング法は自分でできる?

産婦人科でのタイミング法よりは難しいかもしれませんが出来ないことはありません。妊活を始めたばかりの方であれば自分でタイミングを測ってみるのもいいかもしれません。

まずは基礎体温、毎朝欠かさずにつけるようにしましょう。婦人用の体温計で朝、起きたら寝た状態のまま測ってください。出来るだけ毎日同じ時間帯に測り続けると低温期や高温期などが分かるようになります。

また排卵検査薬も活用してみてください。排卵検査薬で排卵が起こるのを予測しやすくなります。この排卵検査薬じゃ黄体形成ホルモン(LH)に検査薬が反応する仕組みでその濃度がピークになると、おおよそ36時間以内に排卵が起こるということから、この検査薬を利用します。生理が不規則でない方は生理から11日経過した頃から数日間使用すると分かります。やはり排卵検査薬のみでは排卵が必ず起こっているとはいえないので基礎体温との併用をすると正確さも上がります。この排卵検査薬はネット通販でも販売されており海外製のものを使っている方も多くいます。海外製のものは量も多く手に入れやすい値段です。日本製のものは正確さも抜群とは思いますが長期的に使用するには費用が結構かかると思うので海外製の排卵検査薬をしようするのもいいと思います。

タイミング法をとるのに気を付けたいこと

生活習慣を整えることが妊活においては大事なことです。基礎体温というのは生活習慣が不規則になるとホルモンバランス崩れてしまいます。ホルモンバランスが崩れてしまうことによりタイミングがうまくいかないこともあります。基礎体温だけで言えば女性だけの問題かもしれませんが生活習慣に気をつけるのはパートナーである男性にとっても関係のあることです。喫煙や飲酒は精子に悪影響をもたらします。どちらかだけではなく妊活中の夫婦は2人で健康的な生活習慣送ることが大切です。

タイミング法で陥りやすいのが義務的になりすぎることです。男性にとっては日にちを指定されることにプレッシャーを感じてしまう方もいます。そういったせいでストレスを感じると精子の数の減少、運動率の低下も否めません。日頃からエッチをすることでタイミング法のためだけではなく愛情をしっかり確認するうえで行うことも大切です。女性にとっても義務的だけの繋がりでは嫌ですよね?赤ちゃんを授かりたい気持ちが一番かもしれませんがぜひ、お二人の仲うを深める意味でも普段からエッチをしておき、タイミングをとる日だけが目的ではないと思ってもらうことで義務的な感じも和らぐと思います。

それ以外でも妊娠しやすくするために体質の改善やサプリメントでの栄養補強をしておくことで妊娠しやすい体を作りましょう。もともと冷え性という方は体を温めるようにするのも大切です。冷えは妊娠前も妊娠後も女性にとっては大敵ですので妊活を機に気をつけるようにしましょう。

まとめ

今回は妊活におけるタイミング法について紹介してきました。タイミング法は自分で行うことも出来ますがより正確に出来るだけ早く妊娠したい場合には医師の力を借りるのが近道かもしれません。妊活はストレスも溜まりやすいですが夫婦仲良くいることで赤ちゃんを授かりやすくなると思います。