つわりに効果的な飲み物とNGな飲み物 〜つわりの対策は飲み物から〜

つわりに効果的な飲み物

つわり時期は、味覚の変化が現れることが多く、食の嗜好が偏る傾向にあります。
食べられるものが少なくなって悩む妊婦さんも少なくありません。
飲料においても同様な意見が伺えます。しかし、脱水症状を防ぐためにも、つわり時期においての水分補給は欠かせません。
実際には、どのような飲み物がつわり時期に好まれているのかご紹介していきます。

<炭酸飲料>

Organic Ginger Ale Soda in a Glass with Lemon and Lime
Organic Ginger Ale Soda in a Glass with Lemon and Lime

引用:https://www.andreabeaman.com/health/tag/ginger-ale/

炭酸水をはじめジンジャエールやレモネードなどの炭酸飲料は、炭酸の刺激が腸に働き活性化されることで、食欲を増進させる効果を得ることができます。
また、吐き気を緩和させられるのでつわりに苦しむ妊婦さんから人気の飲み物です。
しかし、炭酸飲料には糖分が多く含まれているため、体重の増加や糖尿病などに対する注意が必要です。飲みすぎには気をつけましょう。

無糖の炭酸水に果汁を絞って加えてみたり、果実酢で割って飲んだりとカロリーを控えめに調整して、自己流の炭酸水を試してみてはいかがでしょうか?

<スポーツドリンク>

water-sports-drinks-660x400

引用:http://tennisvantage.net/tag/sports-drink/

程よい甘さの飲み心地からスポーツドリンクを支持する妊婦さんも多くいます。
つわり中は脱水症状にもなりやすいので、ビタミンやミネラルなどの栄養を豊富に含むスポーツドリンクは水分補給に適しています。
しかし、こちらも糖分が多く含まれていますので、飲み過ぎには十分注意しましょう。

<果汁ジュース>

food-and-drink-photos

引用:
http://widewallpaper.info/food-and-drink/food-and-drink-wallpapers-cool-hd-wallpaper-computer-images-food-and-drinks-wallpaper/

りんごジュース、グレープフルーツジュース、オレンジジュース、グレープジュースは手に取る妊婦さんが多いようです。
つわり中は味が濃厚でしっかりしているほど、飲みやすい傾向にあるようで果汁100パーセントも人気です。
しかし、こちらも糖分が高いため、過剰な摂取には注意しましょう。

<乳酸菌飲料・乳性飲料>

Dugh-persian-drinking-yogurt

引用:http://phickle.com/doogh-sparkling-refreshing-drinking-yogurt/

ヤクルトやピルクルなどの乳酸菌飲料やカルピスなどの乳性飲料も飲みやすいと人気です。
牛乳だとなかなか進まなくて…という妊婦さんでも、ヤクルトやカルピスであれば飲めたという意見も多くあります。
さらに、妊娠期のお悩みで多いのが、便秘問題です。
乳酸菌やビフィズス菌が含まれているこういった乳酸菌飲料や乳性飲料は、腸内環境を活発化してくれるため、便秘解消にも効果的と言われています。
しかし、糖分は多いので適量な摂取をおすすめします。

<お茶系>

30-Benefits of Rooibos tea

引用:http://herbalremediesinformation.com/blog/benefits-rooibos-tea

お茶はカフェインを多く含むものからノンカフェインのものまで幅広くあります。まずは、ノンカフェインで妊婦さんでも安心して飲めるお茶をご紹介していきます。

ノンカフェインのお茶

●麦茶
ノンカフェインの代表的なお茶といえば麦茶ですよね。安心して飲めるということからも、妊婦さんの中で多く愛飲されている飲み物の1つです。
食物繊維やミネラルも豊富に含まれているので水分補給に適しています。
しかし、麦茶には体内を冷やす作用があります。冷えを感じやすい妊婦さんは常温やホットにして飲まれることをおすすめします。

●ルイボルティー
妊婦さんが安心して飲めるお茶として親しまれています。クセのない味なので、ゴクゴク飲めてしまいます。つわりが開始したと同時に麦茶が受け入れられなくなってしまったという妊婦さんも多いので、その場合はルイボスティーを試してみてはいかがでしょうか?
また、ルイボスティーは妊活中から愛用している女性も多いです。

●たんぽぽ茶
たんぽぽ茶には、ミネラルやビタミンが豊富に含まれています。
利尿効果や体内に溜まった老廃物を体外へ排出する効果もあるため、むくみ改善に期待ができる飲み物です。
また、母乳がでやすくなるということでも注目されているので、妊娠期から産後まで長く愛飲しているママも多いようです。

●そのほかのノンカフェイン飲料
十六茶
爽健美茶
そば茶
たんぽぽコーヒーなど

妊娠中に控えるべき飲み物

つわり時期に限らず、妊娠中は控えるべき飲み物も多く存在します。

<アルコール類>

are-you-numbing-yourself-with-alcohol-2

引用:
https://theaddictionadvisor.com/are-you-numbing-yourself-with-alcohol/

妊娠が分かった時点で、アルコール類の摂取は避けておきましょう。お母さんがアルコールを摂取すると、胎盤を通してお腹の中の赤ちゃんに直接伝わってしまいます。すると、発育不全、障害や奇形などのリスクが高まります。
また、ノンアルコールのドリンクにも微量のアルコールが含まれていますので、注意しておきましょう。

<カフェインを含む飲み物>

rd1601_coffee

引用:
http://www.rdmag.com/news/2016/01/startup-makes-coffee-microbes-instead-cat-feces

コーヒーやコーラなどカフェインを含む飲料は、意外と多く存在しています。
カフェインの摂取に関しては、適量であれば問題ないとされていますが、過剰に摂取してしまうと、母体や胎児への悪影響が心配されます。

カフェインの過剰摂取により、母体は、体内のカルシウムを尿と一緒に体外へ排出してしまう傾向にあり、骨粗鬆症のリスクを高めてしまいます。
また、カフェインが鉄分の吸収を阻害するため、貧血を招くことも考えられます。
胎児においては、発育が阻害される危険性が高まるだけでなく、流産や死産のリスクを伴う可能性があるため、摂取量は制限していくことが必要です。

●コーヒー
コーヒーはカフェイン量が特に多い飲み物です。可能な限りカフェインの少ないコーヒーを選択しましょう。
現在は、スーパーで手軽にノンカフェインのものやカフェインレスのものが購入できます。また、スターバックスなどのコーヒーショップでもデカフェ商品を取り扱っているので、コーヒー好きの妊婦さんはそちらをチェックしてみましょう。

●紅茶
コーヒーに比べるとやや少ない数値ではありますが、カフェインの含まれる飲み物です。コーヒー同様にノンカフェインの紅茶があるので、そちらを選択するとよいでしょう。

●お茶
玉露は特にカフェインが多く含まれていますので注意が必要です。
また、烏龍茶・緑茶・ほうじ茶・玄米茶にもカフェインは含まれています。

●栄養ドリンク(エナジードリンク)
リポビタンDやオロナミンCなどの栄養ドリンクにもカフェインは含まれています。しかし、妊婦さんこそつわりで思うように食べ物が摂取できないので、エネルギーチャージがしたいところですよね。そんな時のために、低カロリーでノンカフェインの妊婦さんに優しい栄養ドリンクも販売されています。

●コーラ
炭酸のシュワシュワをやたらと摂取したくなるつわり期。炭酸飲料の代表的なコーラをついつい手に取りたくなりますよね。実は、コーラにもカフェインは含まれています。こちらもカフェインレスの商品が発売されていますが、コーラは糖質が高いです。過剰な摂取でなければ問題ありませんが、できれば控えておきましょう。

ハーブティーを飲む際の注意

herbal-tea

引用:http://www.adagio-spa.com/blog/?p=9

ハーブティーは、多数の種類が存在しており、つわりに効果が得られるものから、妊娠継続に適さないものまでその効果は様々です。
ここでは、妊娠中に飲んでも大丈夫なものとNGなものをご紹介していきます。

つわりに効果的があるとされているハーブティー

●ぺパーミント
ハッカのスーッとした爽快感で気分がリフレッシュされます。吐き気にも効果的で心身のリラックス効果も得られます。
しかし、成分の中には子宮収縮作用を含むものがあるため、過剰摂取はNGです。

●ジンジャー
胃もたれや吐き気を緩和させてくれる効果があります。また、胃腸の働きも活発になり、体を芯から温めてくれます。

●ローズヒップ
適度な酸味によって胃もたれ感や吐き気を和らげてくれる効果があります。また、ビタミンCが多く含まれるため、免疫力UPの強い味方です。

いずれも適量であれば効果が期待できますが、飲み過ぎは良くありません。
摂取量には気をつけましょう。

妊娠中にNGなハーブティー

●子宮収縮効果があるために避けるべきハーブ
ジャスミン・カモミール・ハトムギ・アロエ・セージ・ローズマリー・ウコン

●子宮興奮作用があるために避けるべきハーブ
べニバナ

●安全が保障されていないため避けるべきハーブ
レモングラス

ノンカフェインとして定着しつつあるハーブティーですが、妊娠中においては飲んではいけないハーブティーが意外にも多く存在しています。
ハーブティーを購入する際や注文する場合には、その効果などをきちんと把握しておくことが大切です。

自分にあった飲み物を見つけましょう

Flavored-water-feature-1800x1236

引用:http://greatist.com/hydration

つわり期間中は、不思議なくらいに口にできるものとそうでないものとで分かれてしまいます。つわりを和らげてくれる効果のある飲み物についても人それぞれで、この飲み物なら絶対に大丈夫というものはありません。

飲料に含まれている糖分やカフェインの量を調整しながら、自分に合った飲み物を探していきましょう。
どんな飲み物も口にするのが難しいという妊婦さんは、早めに産婦人科に相談することをおすすめします。

つわりが辛くて入院 妊娠悪阻(にんしんおそ)に気をつけて

つわりで入院するって本当?

If you're getting insurance through a parent's plan, don't presume the hospital bill for childbirth will be covered.
If you’re getting insurance through a parent’s plan, don’t presume the hospital bill for childbirth will be covered.

引用:http://www.npr.org/sections/health-shots/2015/06/16/414688210/insurance-still-doesnt-cover-childbirth-for-some-young-women

つわりで入院をした経験があるという妊婦さんの声を聞いたことがあるかもしれません。つわりが悪化すると、食事や飲料を受け付けられない場合があります。すると栄養摂取が困難な状態に陥るため、入院しての治療が必要になるのです。
ここでは、つわりが悪化してしまった場合の妊娠悪阻について詳しくご紹介していきます。

妊娠悪阻(にんしんおそ)とは

妊娠悪阻とは、つわりの重症化のことを指します。医師の治療が必要となるため、病気として診断されます。
嘔吐を繰り返してしまい食事ができないだけでなく、水分さえも受け付けられないために、栄養不足や脱水症状、さらにはママと赤ちゃんの生命の危機に関わる域まで達してしまうケースもあります。
妊娠悪阻の診断は、ケトン体の数値で分かります。
通常のつわりよりも症状が進行すると、ケトン体の数値が高まります。

ケトン体について

ケトン体とは
体内の脂肪が分解されてできる産物で、尿中に排出されます。通常は尿を調べても「マイナス」、つまり出ないわけですが、脱水などが起こると「プラス」になります。妊娠中、プラスになるようなら、つわり症状がひどく脱水や栄養障害が起こっている、つまり「妊娠悪阻(にんしんおそ)」の可能性があります。

引用:https://kotobank.jp/word/ケトン体-14068#E5.A6.8A.E5.A8.A0.E3.83.BB.E5.AD.90.E8.82.B2.E3.81.A6.E7.94.A8.E8.AA.9E.E8.BE.9E.E5.85.B8

ケトン体の数値は、妊婦検診時に行う尿検査で調べることができます。

妊娠悪阻かも?

o-MORNING-SICKNESS-RISKS-facebook
引用:
http://www.huffingtonpost.com/2013/01/30/morning-sickness-risks_n_2581920.html

一般的なつわりなのかそれとも妊娠悪阻なのかを自己判断することは危険です。
以下のような症状が確認されたら、早めに医師に相談してみましょう。

  • 1日に何度も嘔吐してしまう
  • 水分補給が困難
  • 脱水症状がでている
  • 体重が急激に減ってしまった
  • トイレの回数が減る

妊娠悪阻の段階

嘔吐期(第1期)
嘔吐を繰り返す・胃液を吐く嘔吐・食事摂取が不能・尿量が減少する・脱水症状・体重減少・めまい・頭痛など

代謝障害期(第2期)
発熱・嘔吐の悪化・血圧低下・中毒症状・飢餓状態・ケトン体の増加など

脳障害期(第3期)
肝機能障害・黄疸の出現・視力障害・幻覚症状・幻聴症状・意識障害など
※胎児、母体共に命に関わる危険性がある

妊娠悪阻は、症状が悪化すればするほど、母体が生命の危機にさらされてしまいます。同時に胎児への影響も心配になります。できるだけ早い段階で適切な治療に取りかかることができれば、症状の悪化を防ぐことができますので、判断を後回しにしないということが大切なのです。

妊娠悪阻の治療法は?

妊娠悪阻は正式な病気と診断されます。
まずは絶対安静にすることが最大の治療法となります。症状の重さによっては、入院での治療が必要となります。

点滴での治療

shutterstock_119299876-hospital-drip-clinical-negligence

引用:https://www.coffinmew.co.uk/good-clinical-outcomes/

第1期の妊娠悪阻の場合、尿中のケトン体が陰性を示すまでの間、絶食と輸液が行われます。自ら水分も摂取ができず、脱水症状になっている状態なので栄養を点滴で補充していきます。点滴には、水分や塩分に加えビタミン剤やブドウ糖が投与されます。場合によっては、吐き気止めの作用を果たす薬や電解質輸液を点滴注入されることもあります。

漢方薬での治療

herb

引用:http://www.chineseherbalmedicine.org.uk

胎児への影響を考慮するため、漢方薬で治療をしていくケースが多くあります。
しかし、漢方薬は体質によって合う合わないがありますので、効力には個人差があります。処方された漢方薬の効果を医師と相談しながら決めていくことが望ましいでしょう。

つわり緩和のために用いられる代表的な漢方薬

小半夏茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)

吐き気や嘔吐をおさえ、体を楽にします。体力が中くらいの人で、胃に水分が停滞しチャポチャポしているようなときに向きます。

引用:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200076.html

半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)

神経をしずめて、心と体の状態をよくします。また、咳や吐き気をおさえる作用もあります。

引用:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200122.html

五苓散(ゴレイサン)

水分循環を改善し、無駄な水分を取り除きます。具体的には、はき気や嘔吐、下痢、むくみ(浮腫)、めまい、頭痛などに適応します。体質(証)にそれほどこだわらず、口が渇き、尿量が少ないことを目安に広く用いることができます。

引用:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200048.html

人参湯(ニンジントウ)

胃腸の働きを高めて、食欲不振、胃もたれ、胃痛、下痢などを改善します。冷え性でやせ型、体力のあまりない人に向きます。

引用:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200116.html

六君子湯(リックンシトウ)

胃腸の働きをよくして、水分の停滞を改善します。その作用から、胃もたれ、胃のチャポチャポ、吐き気、食欲不振、お腹のゴロゴロ、軟便などに用います。やせ型で顔色が悪く、疲れやすい人に向く処方です。

引用:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200141.html

漢方薬も薬の一種です。飲み合わせや副作用についても注意が必要です。
つわりが辛いからと言って自己判断で飲むことは止めましょう。必ず担当の医師や専門の漢方薬剤師の指示を受けてください。

入院中に治療の効果が得られず、重症な症状が続く場合には、母体の危険性を考慮して、人工中絶を視野にいれなければならない場合があります。

入院期間はどれくらい?

woman-hospital

引用:
http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=hospitalization%E3%80%80the+pregnant&oq=&ei=UTF-8&rkf=1&imt=&ctype=&imcolor=&dim=widewallpaper#mode%3Ddetail%26index%3D3%26st%3D0

妊娠悪阻で入院となった場合、どのくらいの入院期間が必要なのか気になるところですよね。
しかし、症状の重度によってや、回復時間には個人差がありますので、入院期間にも大きな差があります。
軽い症状の場合は、数日〜1週間ほどで退院できる場合もありますが、重度の場合は、退院までに1ヶ月以上もかかったという妊婦さんの声もあります。
また、一度退院したものの再び症状が現れてしまい再入院といった経験談もありますので、つわりの症状が完全に落ち着くまでの間は、安心することはできません。
お腹の赤ちゃん以外にお子さんがいらっしゃるご家庭にとっては、ママが家庭から抜けてしまうリスクは大きいと思いますが、まずはママの健康とお腹の赤ちゃんの健康が第一なのです。遠慮せずに家族とよく話し合って、協力してもらいましょう。

入院費用はどのくらい?

can-calculate-century-given-year_b5630708d2ca6bd5

引用:
http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=calculate&oq=&ei=UTF-8&rkf=1&imt=&ctype=&imcolor=&dim=widewallpaper#mode%3Ddetail%26index%3D9%26st%3D160

妊娠悪阻は病気ですので、入院治療費に関しては保険適用となります。
長い通院や入院で治療費用が高額となる場合は、高額医療費制度が利用できますので、後日市町村から返金される可能性が高くなります。
加入されている健康保険によって返金額は異なりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

まとめ

妊娠悪阻は普通のつわりとは異なります。
そのまま放置してしまうと、重症化してしまい取り返しのつかない結果を招くこともあります。少しでも体に異変を感じたら、我慢せずに医師に相談することが大切です。

臨月の外出で気をつけたい3つのこと【外出中に破水してしまったら】

臨月のお出かけって大丈夫?

9ef286d01931ca36c58b84376b2bca48_s

臨月に入ると、もうすぐ赤ちゃんも生まれるし今のうちにお買い物とかもすませておかなくちゃ!という気持ちにもなりますよね。確かに赤ちゃんが生まれると約1か月は外出ができなくなりますし、お出掛けの範囲もせまくなってしまいがち。

まだ身軽なこの時期に旦那さんとの二人きりのデートの楽しんだり、買い物にいきたい!けど、臨月の外出って何があるかわからなくて少し不安かも…なんて思いませんか?

今回はそんな心配ごとがたくさん!?な臨月の外出について解説。気になる破水のことや持っておきたい持ち物まで詳しくご紹介します。

いつまで?どこまで?臨月の外出

8847668a7f3828f3af1e3d4d8f1bf5f7_s

36週から妊娠10か月(臨月)となりますよね。さらに妊娠37週からは正産期と呼ばれ、赤ちゃんの身体も完成に近づき、いつ産まれても大丈夫な期間に入ります。ということは、臨月ママさんは外出先でも破水や陣痛が始まる可能性が高いということなんです。それらを踏まえて臨月の外出で気を付けたいことを3つ見ていきましょう!

その1 30分ほどで病院へ行ける距離まで

e4241883ddc82f11bf6ebfb18495fbe0_s

遠出はやっぱり避けるようにしておきます。基本的にはかかりつけの産院へ30分から1時間以内に行ける距離までと覚えておいてください。

初産の場合はお産に時間がかかるともいわれますが、人によっては陣痛開始から1時間で産まれたなんて超安産のひとも。個人差も大きいのでなるべくなら近くにいるようにします。経産婦さんの場合はもっと要注意。1人目とはくらべものにならないくらい、あっという間にお産が進むことがありますので、いろいろなことを想定しておくのが大切です。

その2 ひとりでの移動は避ける

ff80c6a1edc832feadc4d43b03c3d89c_s

どうしても必要な場合を除き、臨月妊婦さんのひとり歩きは避けたほうが安心でしょう。急に強い陣痛がきてしまったり、破水してしまった場合に病院への連絡が困難になってしまっては危険です。迅速に連絡がとれるようにしたり、休むところを確保したりする必要がありますので、ひとりでの外出は避けだれかと一緒に行動するようにしましょう。

その3 入院準備は万全に

他にも入院準備をしてバッグにまとめておいたりして、車での移動なら持ち歩いたりするのも良いでしょう。徒歩や電車での移動の場合は旦那さんや家族に置き場所を知らせておき、必要な時にもってきてもらえるようセッティングしておきます。

急な破水や陣痛は妊婦さんもパニックになってしまいますが、それは周りの家族も同じこと。できるだけ落ち着いて行動できるよう、打ち合わせもしっかりしておいてくださいね。

外出先で破水!こんなときどうする?

それでは実際に外出先で破水してしまった場合はどうしたらよいのでしょうか?

お出掛け先で破水!まず何をする?

破水をしてしまったらまず病院に行くことを考えてください。破水というのは卵膜が破れ、赤ちゃんを守っている羊水が流れ出ている状況です。感染症などのリスクもありますので、シャワーやウォシュレットなどで洗うことは絶対にしないようにします。万が一してしまった場合は助産師さんや医師に伝えるようにしてください。

羊水がたくさん流れてしまっても危険なので、タオルやナプキンをあて安静にします。そうして病院へ連絡し破水したこと、どれくらいで病院へ行けるか?などを伝え向かうようにしましょう。

このとき電車は絶対に使いません。万が一事故などで閉じ込められてしまった場合大変ですので、車がない場合はタクシーを利用します。陣痛タクシーでしたら破水してしまっても乗せてくれますので事前に調べたり登録しておくことをおすすめします。

破水したときに備えて持っておきたいもの

193608

【夜用ナプキン、替えの下着、大きめのタオル、母子手帳、健康保険証】

この5つは持っておいたほうが安心のアイテムです。まず、破水してしまったら下着や服はびしょ濡れになってしまいます。そこで替えの下着に夜用の大きめナプキンを付け、履いておきます。

しかしこれも一時しのぎにしかならず、破水してダラダラと続けて出てしまい夜用ナプキンでも追いつかない場合も。そこで股にあてておく用の大きめのタオルを用意しておきます。そしてタクシーや迎えなどが来るまでは安静にしておきましょう。動きすぎてしまい、羊水が出て行ってしまうと赤ちゃんを守るものがなくなってしまうので危険な状態になりやすくなってしまいます。

病院へついたら母子手帳や健康保険証が必要になりますので、外出する妊婦さんは必ず持ち歩くようにしておいてくださいね。そこに緊急の連絡先などをまとめたメモなども一緒にもっておくと、何かあった時でも安心です。

お出かけも楽しみつつ…

c8e550d3330b9100ccdb38a2e9869ac5_s

出産が近づくとドキドキそわそわ…。いつ始まるのかな?いつ会えるのかな?と落ち着かない気持ちにもなってしまいますよね。そういう時にはお出かけして気分転換するのも大切です。

不安だからお家にこもりきり…ではなく、お出かけも楽しみつつ、来るその時に向けて準備を万全にして、いつ陣痛がきてもいつ破水しても大丈夫!という風に備えておいて下さいね。

臨月でお腹が下がるのはなんで?原因とお腹の状態解説。

臨月にはお腹が下がる?

「臨月になるとお腹が下がってくるよ」と聞いたことがありませんか?周りの先輩ママなどからお腹を見て「ちょっと下がってきたんじゃない?」なんて言われたこともあるかもしれませんね。

でも初めての出産を迎えるママにとっては、下がるって何が?それってどんな状態?とわからないことも多いと思います。ここでは臨月の赤ちゃんやお腹の状態はどうなってるの?と不安に思うことをまとめて解消します!

どうしてお腹が下がるの?赤ちゃんは?

e66ab857d65d17fc6bd2fcc44dc62bc2_s

まず、どうして臨月にはお腹が下がってくるといわれているのでしょう?それは赤ちゃんが生まれてくる準備として下へと下がってくるからだと言われています。

ママの骨盤も出産準備のため開いていき、その中に頭を入れ込む形でぐいぐいと下がっていきます。そうしてそのまま産まれるときを待ちます。そのため外から見たお腹も下へと下がったように見えるということなんですね。

お腹がどのくらい下がるのかは個人差もありますが、今までまん丸だったお腹が洋ナシのような形になったり、胸とお腹の間にスキマがあいたという変化を感じるようになるかもしれません。

お腹が下がってどのくらいで陣痛が来る?

73d84e0b5c7f1eaafb9acc0650ec5ff4_s

やっぱり気になるのは「臨月にお腹が下がりだしてどのくらいで陣痛がくるのか?」ですよね。一般的にお腹が下がるのは出産が近いからだと言われていますし、気になる方も多いと思います。

個人差もありますが、初産の場合は出産の約2~3週間ほど前から下がってくる傾向があります。つまり、お腹が下がりだして2週間から3週間ごにお産がはじまる可能性があるということですね。しかし経産婦さんの場合は本当に出産のぎりぎりまで下がってこないことも。

またお腹が急激に下がったからといってそれがすぐに出産や陣痛へ繋がるか?といわれると予知などは難しいようです。ですから「お腹が下がってきたのにまだなの?」「もしかして陣痛が今日くる?」なんて深く考えたり、悩んだりするのはやめておいてくださいね。ただ、確実に赤ちゃんに会えるときが近づいてきているので安心してください。

下がってない?なんて不安にならないで

先ほどもありましたが、どのくらい下がるのか?などはママや赤ちゃんの体格によっても個人差があり、まちまちです。全然下がってないから予定日を超過してしまうということもなく、かといって早くに下がったから早産になるということでもないのです。

さらに自分ではわかりづらい…なんてことも考えられます。それもそのはずで、臨月ともなると自分の足元を見るのも一苦労!お腹の形なんてなおさらわかりづらいものですよね。

どうしても自分で下がってきたかチェックしたい場合は鏡を使ってお腹を撮影しておくのも手。1週間ほど毎日スマートフォンなどで撮ることを続けてみて、後で見返すと下がってきたのがわかりやすいかもしれません。ぜひ挑戦してみてください。

お腹が下がって要注意!?

臨月にお腹が下がることで何か注意しなければならないことがあるのでしょうか?ここでは気を付けておきたいポイントをまとめてみました。ぜひ参考にされてくださいね。

・さらにトイレが近くなる

お腹が下がるということは赤ちゃんの位置が変わるということでしたね。下がった赤ちゃんは今まで以上に膀胱を圧迫してしまうことがあります。そうして、すでにトイレの回数は増えているのにさらにトイレが近くなる…という現象が起こりやすくなってしまいます。

すごく尿意を感じるのにトイレに行くとあまり出ない…なんてことや、30分に1回はトイレに駆け込む!なんてことも。外出先ではまずトイレの位置を確認しておいたりと、今まで以上にトイレが近くなるので気を使っておきましょう。

しかしトイレが近くなるからといって水分を摂らないようにするのはNG。あまりのトイレの回数にうんざりしてしまうこともあると思いますが、あともう少しの辛抱です。赤ちゃんのためにもしっかり水分は補給しておくようにしてくださいね。

・食欲が増す

886026f75e5211606161f979d99f854d_s

赤ちゃんが下がってくると大きくなった子宮の圧迫から解放されるのが、胃。今までは大きくなった子宮や赤ちゃんからの圧迫ですぐにお腹いっぱいになってしまい、食べられなかったという人も食べられるようになるかもしれません。

ですが臨月の食欲は要注意ポイントのひとつ。たしかに今まで食べられなかった分食べたい!という気持ちや、気持ち悪くならずにおいしく食べられるようになることはうれしいのですが、臨月はただでさえ体重の増えやすい期間です。

あまり体重が増えすぎないよう、しっかり管理しつつ楽しんで食べるようにしましょう!

・バランスが変わってしまう

b4c48761e8a207d5ed54c207d55466c5_s

臨月は限界までお腹が大きくなりますよね。今までもバランスを崩してよろけてしまったこともあるかもしれません。赤ちゃんが下がることでさらに重心が下がり、今までとはまた違うバランスになってしまうことで慣れずに転倒してしまう危険も。

靴は歩きやすいものを選ぶようにして、足元の見えにくい階段などは手すりを使うようにするなどの工夫も必要になってきます。

・妊娠線のできやすい時期

51e97c913c164762641629fe3bbbb07a_s

「妊娠線できないな~!」なんて思っていませんか…?実は妊娠線が一番できやすいのは臨月なんです。筆者も第一子妊娠時にできた妊娠線はすべて臨月にできたものでした。

ただ妊娠線はできるタイプの人はどう対策してもできてしまうもの。赤ちゃんが下がり、お腹の下のほうの皮膚が引っ張られてしまい乾燥して痒みを感じることもあるので、妊娠線対策のついでにしっかり保湿をしておくと安心なのでおすすめです。

いよいよもうすぐ!

95fcf58b21f4589660f7dfde500c8c8c_s

お腹が下がるのは赤ちゃんとママの出産準備であることがわかりました。臨月にはいり、お腹が下がってきたならいよいよ赤ちゃんに会える日が近づいてきます。

もうすぐだよ!との赤ちゃんのサインにこたえ、しっかり準備して出産を迎えてくださいね!

つわりってこんなに種類があるの?それぞれの原因と対処法

Stress at the pregnant woman

引用:http://www.ihomeremedy.net/how-to-get-rid-of-morning-sickness/

妊娠をすると“つわりの症状”があるということをよく耳にすると思います。

つわりの症状には個人差があります。入院をしなければならないほどの重症なつわり症状が出る人もいれば、ほとんど感じなかった人もいるようです。

つわりのメカニズムや原因にはさまざまな説がありますが、はっきりとしたことは解明されてません。

つわりの種類

つわりの症状は1つではありません。いつもと違った体調の変化が実はつわりであったというケースもあります。ここでは、実際にどんな症状のつわりが存在するのかご紹介していきます。

吐きづわり

vomit
引用:http://www.momjunction.com/articles/causes-vomiting-pregnancy-17-remedies-keep-bay_0075698/

代表的なつわりの1つは、吐きづわりです。胃のムカつきや吐き気から、実際に吐いてしまう症状です。食事をしていない状況でも気持ち悪さが限界に達し、胃液を吐きだしてしまうケースもあるようです。

●対処法
吐いてしまった場合は、しばらく胃を休めて回復を待ちましょう。
できるだけ消化に優しいもの(おかゆ、うどん、ゼリーなど)を摂取して様子を見てみましょう。食べるとすぐに吐いてしまうからといって、何も摂取しないでいると脱水症状を引き起こしてしまう場合があります。水分補給はしっかりしておきましょう。どうしても摂取できない場合は、病院へ相談してみましょう。症状によっては、点滴などで栄養補給を受けることができるかもしれません。

赤ちゃんへの栄養が行き届くかということも心配になるかもしれませんが、妊娠初期に関しては、大きく影響することはありません。
まずは、お母さんが食べられるものを食べられるときに摂取して、自分のつわりリズムを掴んでいきましょう。

食べづわり

Candyquestions-1280x879

引用:http://www.candyusa.com

食べづわりとは、何かを口にしていないと気持ち悪くなってしまったり、お腹が空いたときに吐き気などを引き起こす症状です。

●対処法
食事は少量ずつ複数回に分けて摂取する工夫をしてみましょう。
また、飴やガムなどを口に含むことで吐き気を緩和することもできるので試してみましょう。外出時や枕元にクラッカーやビスケットなど軽食を常備しておくと便利です。体重増加が気になるところですが、つわりが落ち着いてくると、食事のコントロールもしやすくなるはずです。それまでの間、食べ方を工夫してうまく乗り切りましょう。

眠りづわり

Portrait of a young woman sleeping on the bed at home
Portrait of a young woman sleeping on the bed at home

引用:http://www.huffingtonpost.com/mascha-davis-mph-rdn/the-other-essential-nutrient-for-weight-loss-sleep_b_9818862.html

眠りづわりは、その名の通りで眠気が襲ってくる症状です。妊娠中は常に眠かったという妊婦さんの声は多数あります。
いつもより多く睡眠をとっているにも関わらず、眠気がおさまらないため、おかしいのかなと感じるかもしれませんが、これもつわり症状の一種なのです。

●対処法
とにかく無理をせずに睡眠時間を増やしましょう。仕事をされている妊婦さんにとっては辛い症状になると思いますが、その期間(つわり時期)の働き方を時間短縮するなどの工夫をしてみましょう。
眠りづわりは、赤ちゃんからの「ママ休んでね!」のサインだと思って受け取ってください。
また、運転中に症状が現れる場合は、命に関わる危険が伴います。運転を代われる人と一緒に出かけるなどして負担にならないようにしましょう。

においづわり

citrus-fruit-main

引用:http://indianexpress.com/article/lifestyle/feelings/eating-citrus-fruits-may-increase-skin-cancer-risk/

特に妊娠初期は、においにも敏感になります。好きだったはずの洗剤の香りに違和感を感じてしまったり、お米の炊ける時の匂いなど食べ物のにおいを嗅ぐだけで気分が悪くなってしまうなどの症状があります。

●対処法
つわりが落ち着くまでの間は、できるだけその香りから遠ざかるようにしましょう。日常生活において、どうしても避けられない場合には、マスクをしたりハンカチで防御するなどして対処してみてください。柑橘系の香りはつわりを楽にしてくれるという妊婦さんの意見も多いので、試してみてはいかがでしょうか。

よだれづわり

あまり知られていないつわりに、よだれづわりがあります。
よだれづわりは、唾液過多症とも呼ばれその名の通り唾液の分泌が盛んになり、飲み込みきれない量であったり、唾液の多さで会話がしにくくなるなどの症状をもたらします。

●対処法
症状が軽度の場合には、飴やタブレットなどをなめるなどして、飲み込みやすい環境をつくってあげると良いでしょう。唾液を排出することで脱水を引き起こすこともあるので、水分補給を心がけましょう。
また、よだれづわりを軽減させる効果的なツボ押しを取り入れたり、鍼灸治療や漢方薬による改善策などもあります。自分の体にあった対応策を見つけてみましょう。

そのほかのつわり症状

上記以外にも、つわりの症状は多数あります。
これまでとは違った痛みや疲労感がつわりであることもありますので、自分の体の声を聞いて、しっかりといたわってあげましょう。

こんな症状もつわりの一種です

  • 食欲不振(食べ物をみただけでも吐き気がする)
  • 耳がおかしい
  • 頭痛がする
  • 腰痛
  • 息苦しい
  • 便秘や下痢
  • 疲れやすさなど

つわり期間はどれくらい続くの?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

引用:http://www.imagineyourselfthere.com/2012/05/time-flies-but-you-are-the-pilot/

つわりの有無や開始時期、症状の程度には個人差があります。
そのため、つわり期間においても様々ではありますが、妊娠初期におけるつわりは、早い人で妊娠5週頃から始まると言われています。
その後、妊娠9〜10週頃にピークを迎え、安定期を迎える妊娠16週頃(つまり母体が妊娠の環境に慣れてきた頃)には、症状が軽くなってくると言われています。
しかし、妊娠後期に突入すると、今度は後期つわりに悩まされる妊婦さんも少なくないようです。

後期つわりとは?
後期つわりは、妊娠後期(妊娠8ヶ月以降)のころに起こるつわりの症状です。
お腹の中で赤ちゃんが急激に成長することで、子宮は大きくなります。胃やそのほかの内臓が圧迫されることによって、胃痛や吐き気、動悸、息切れなどの症状を引き起こしてしまうのです。
そのほかにも、お腹が大きくなることで身体の重心バランスが崩れ、血液の循環が悪くなり、浮腫の原因にもなります。

つわりを経験された妊婦さんの中には、稀に妊娠初期から出産までつわりが続いたという声もあります。長期に渡るつわりは考えるだけでも辛いことですよね。しかし、つわりには、必ず終わりがあります。
少しでも症状を和らげるために、工夫と対策をして乗り切っていきましょう。

家族の支えが大切です

Parenting-Family
引用:http://www.solaceemotional.com/resources/parenting-family-issues/

つわり時期は、心身ともに不安定な時期でもあります。妊娠中は身体が疲れやすくなりますし、家事は立ったり座ったりと思いの外、重労働です。無理をしない程度にこなして、時にはパパに甘えたり、家族を頼ってみることも大切です。ママはこれから出産という大仕事が待っています。そのためにも体力を温存しておきましょう。

つわりがない人の特徴と、原因・対策をまとめてみた

yoga-876744_960_720

© 2016 Pixabay

妊娠初期につわりの症状に悩まされる方は多く、一説によると約70〜80%の妊婦がつわりを経験するといいます。ということはつまり、約20~30%の方にはつわりの症状がないということになりますよね。つらい身体症状に悩まされないで済むのはうらやましい気もしますが、つわりがなければないで「自分は普通じゃないの?」「おなかの赤ちゃんはちゃんと育ってる?」と心配になってしまう人もいるようです。世間でささやかれている、つわりに関する噂は本当なのでしょうか?そもそもつわりの原因とは?

つわりの原因

つわりの原因には諸説がありますが、いまだに特定されていないというのが本当のところです。遺伝、体質、環境、生活習慣、栄養状態、そしてその組み合わせ…といった条件が千差万別かつ複雑であるため、比較検証が困難なためです。
現在いわれている説としては、

  • 妊娠初期に分泌されるホルモン・hcg(ヒト絨毛ゴナドトロピン)が嘔吐中枢を刺激する
  • 妊娠中徐々に増加するホルモン・プロゲステロンが筋肉を弛緩させるため、胃腸の動きが弱まる
  • 胎盤ができるまでは赤ちゃんを異物としてとらえてしまい、拒絶反応が起きる
  • ホルモンバランスの急激な変化により、自律神経が失調状態になる
  • 血液量が急激に増えたり、子宮や胎盤の成長に必要な成分が急速に使われてしまうため、体内のミネラルバランスが大きく傾く、あるいは不足する

などがあります。これだけ科学が進んだ世の中になっても、なお解明されていないことが多いとは、生命の誕生にはまだまだ神秘的な部分が残されているのですね。

原因ははっきりとわかっていないものの、つわりがおさまるのはほとんどの場合妊娠12週〜15週、子宮内で胎盤が完成する頃です。胎盤が完成すると、赤ちゃんに栄養を送ったり排泄物を処理したりという作業を胎盤が肩代わりしてくれるようになるので、母体への負担が軽くなるとされています。ただしこれにも個人差があり、なかには出産直前までつわりが続いたという人もいるようです。

つわりの重い人の特徴

原因が特定できないだけに、事前に対策することが難しいつわり。体質や遺伝といったこともいわれますが、同じ人でも1人目2人目でつわりの出方が違うということもあるので、〝つわりの重い人〟という類型が存在するわけではありません。つわりの傾向や軽重は、なってみないとわからないというのが実情のようです。

なお、つわりの重いケースでは下記のような傾向がみられるようです。

  • 副交感神経系活性傾向
  • hcg、エストロゲンといった女性ホルモンが高値
  • 妊娠前から胃腸が弱い、冷え性
  • 頭を使う仕事(ストレス)が多い
  • 血清成分が高カルシウム、低ナトリウム/カリウム/マグネシウム状態

日常生活でホルモン分泌をコントロールするのは難しいでしょうが、例えば頭脳労働は短く時間を区切って休憩を多くとるようにする、ぬるいお風呂より熱いシャワーで交感神経を活性化する…など、上記から逆算的な工夫を試みてみるとつわりを軽くすることができるかもしれません。

つわりのない人の特徴

端的にいえば、上記の〝つわりが重い人の特徴〟の逆の傾向を示す人ということになりそうです。それでは、ひとつひとつみていきましょう。

規則正しい生活をしている

妊娠初期はホルモンの影響で自律神経の副交感神経系が優位となり、心や身体をリラックスさせようとする反面、注意力や活動レベルが低下するといわれています。それ自体は、流産のリスクが高い時期を安静に過ごして乗り切ろうという自然の摂理に叶っているのでしょうが、残念ながら副交感神経活性が高い人ほど、つわりが重くなる傾向にあるといいます。

その点、日頃から規則正しい生活をしている人は、意識的に交感神経活性に切り替える能力と習慣が身についているといえるでしょう。

また、これは一概には言えませんが、仕事が忙しくてつわりが気にならなかった、気がついたらつわりの時期を過ぎていたという人もいるようです。もちろん、疲れたらすぐ横になったりなど、無理は禁物ですが、ストレスのない程度の適度な緊張と、じゅうぶんな休息を意識的に切替えて生活することが、つわりを軽くする可能性はあります。

胃腸が丈夫、冷え性ではない

妊娠初期〜後期にかけ徐々に分泌が増加する女性ホルモン・プロゲステロンには筋肉を緩める作用があるため、胃腸の蠕動も弱めてしまいます。加えて普段から冷え性の人は消化器官の血行が悪いため、胃腸の働きが弱い傾向にあります。そうした人がつわりになると重症化しやすい、というのはもっともなことといえます。

その逆に妊娠前から胃腸の「基礎体力」があれば、つわりがないとはいいきれないものの、重症化せずに乗り切れる可能性は高くなるでしょう。

冷えと胃腸虚弱は密接に繋がっていますので、妊娠を意識するようになったら、冷え性の人は体質改善に努めたいですね。

運動をして体を鍛えている

体中に網目のように張り巡らされ、余分な水分や老廃物・毒素を排出する役割を担うリンパ系。赤ちゃんの分まで排泄物の処理を担うママの身体にとって、リンパの流れを良くすることは大切です。

血液は心臓の働きで全身を巡ることができますが、リンパ管にはポンプの役割をする臓器がついていません。ではリンパ液はどのように身体を巡っているのでしょう? 実は、リンパ液は骨格筋が動くことによってリンパ管内を移動し、最終的には血管に合流して老廃物を送り出しているのです。

つまり日頃運動していて筋肉がついている人、運動する習慣のある人は、そうでない人に比べると、リンパの流れがより良い傾向にあると言えるでしょう。

タバコやお酒が好き

妊娠中はニオイに過敏になることで、吐き気を催すことも多いのですが、タバコやお酒を嗜んでいた人はニオイに対する感受性がやや低下しているため、影響を受けにくいとも言われています。

つわりがないと〇〇ってホント?

「つわりが軽いと女の子」など、つわりに関する様々な噂がありますが、そのほとんどが医学的根拠はないもののようです。昔からいわれているアレコレは、妊婦さんを励ますためのものであったり、慎重な行動や注意を促すという意味合いがあったのかもしれませんね。つわりに関する噂でよく聞かれるものをいくつか取り上げてみましょう。

つわりがないと同じ血液型?

「赤ちゃんの血液型がママと同じだと、拒絶反応が出ないため、つわりが軽くて済む」というのがその理由としていわれています。いかにもあり得そうな噂ですが、残念ながら医学的な裏付けはありません。

先述したように、つわりの原因はさまざまな要因が絡み合っており、赤ちゃんに対する拒絶反応がつわりの原因と特定はされていません。また、赤ちゃんとママを繋ぐ血管の先には絨毛と呼ばれる器官がついていて、栄養や酸素、排泄物だけを漉しとって交換しています。よって赤ちゃんとママの血液が混ざりあうことはありません。

血液型は同じだったけどつわりは重かった、違ったけどつわりがなかった…といった様々な経験談もあることから、血液型とつわりの軽重に関連性はあまりなさそうです。

つわりがないと赤ちゃんに障害がある?

つわりが重い人に「つわりがある(重い)のは赤ちゃんが元気な証拠」という励まし方をする一方で生じた噂かも知れませんが、これには医学的根拠は全くありません。つわりの程度と赤ちゃんの健康度に関連はみられませんし、つわりがないと感じていた方も元気な赤ちゃんを産んでいますので、ご安心を。

多くの妊婦さんが経験するつわりがない=普通とは違うのかも?という不安から、そのような心配に及ぶのかもしれませんが、赤ちゃんの障害の有無はつわりの軽重で判断できるということもありません。染色体や遺伝子の異常による障害の可能性は、妊娠10週ごろから受けられる出生前検査で調べることができます。それでも、すべての異常がわかるわけではないのです。

ただし、これまであったつわりが急に無くなった、というような場合は注意が必要です。稽留流産の可能性もありますので、すぐに医療機関を受診しましょう 。

つわりが軽いと難産になる?

安産か難産かというのは、赤ちゃんの頭の大きさや子宮口の開き具合、いきみのタイミング、赤ちゃんの回旋(通常はぐるっと回って頭から出てくる)などで変わってくるものです。つわりの時期にはまだどうなるか予測できませんし、つわりの軽重と関連があるとする統計的データもありません。

赤ちゃんの主要な器官が作られる妊娠初期に、つわりのストレスなく過ごせるのは大変良いことですので、気にすることはないでしょう。ただ体調が悪化しないため、つい動きすぎたり無理をしてしまい、結果的に問題が起きるということは考えられますので、注意は必要です。そうした行動を諌めるためにできた噂かも知れませんね。

1人目より2人目のつわりは軽くて済む?

これにも医学的根拠はありません。むしろ2人目のほうがつらかった!1人目は吐きづわりで2人目は食べづわり…どちらも大変だった!というような声も多く見受けられますので、一概にこうということはいえないようです。

ただ妊娠の経験があり、つわりの症状でつらい思いをした方であれば、2人目以降では心構えや準備ができていて、大変と感じる場面が少なくなるということはあるかもしれません。

まとめ

いまのところ、つわりの有無や軽重、またどんなつわりがあらわれるのかといったことに法則性は見出されていません。この場合はこう、と予測できたほうが安心できるでしょうが、実際には個人差もあり、同じ人でも1人目と2人目で違うなど、妊娠ごとに違って当然ととらえるのが、現実的な態度でしょう。

情報を集めて心構えや準備をしておくのは大切なことですが、人と比べ過ぎたり、噂に振り回されて不用なストレスを抱え込んでしまうのは考えもの。あくまでも参考にとどめて、自身の体調と相談しながら心安らかに過ごすようにしましょう。

妊娠初期のげっぷはつわりの症状?原因・対策を徹底解説

1200x0_56e2ba7d-0790-4425-8208-05bab37962fa.jpg

引用元:http://mamari.jp/12902

つわりとは、早ければ妊娠5週ごろからはじまる、妊娠初期に見られる生理現象。一説によれば妊婦の70〜80%が経験するといわれています。
程度や症状には個人差がありますが、主に吐き気や胃のむかつきなど消化器系の症状として現れることが多いようです。

  • 食べても食べなくても吐いてしまう「吐きづわり」
  • 空腹時に気持ちが悪くなり、始終食べ物を口にしてしまう「食べづわり」
  • 時と場所を問わず我慢できないほどの眠気に襲われる「眠りづわり」
  • 唾液の分泌が止まらない「よだれづわり」

ほかにも不眠や頭痛、足やふくらはぎが頻繁につる、感情の起伏が激しくなるなど、様々な不調となってあらわれますが、つわりの原因ははっきりと特定されていないというのが実情です。また「母親はつわりが軽かったのに自分は重い」「1人目は吐きづわりで、2人目が食べづわりだった」というように、遺伝や体質で予測することも困難といえます。

とはいえ、妊娠初期は赤ちゃんの重要な器官が形成される時期でもあり、適宜自己判断で服薬し症状を緩和することもできないのがつらいところ。先輩ママたちは個々の症状に合わせて様々な工夫を凝らし、つらい時期を乗り切っているようですよ。

げっぷに悩む人は意外と多い

げっぷとは、空気を飲み込んでしまうことにより胃に溜まったガスが、一気に放出される現象をいいます。これは、つわりで最も多くの人が挙げる「吐き気」や「胃のむかつき」と言った症状と深く関連しているため、同時にげっぷに悩まされる人も少なくないということになるでしょう。

なぜ空気を飲み込んでしまうの?

吐き気や嘔吐、胃のムカつきなどの不快感をおぼえたとき、口のなかいっぱいに唾液が出てきた、という経験は皆さんお持ちなのではないでしょうか。つわりで始終吐き気やむかつきを覚えるたび、唾液がたくさん出るので、その唾液を飲み込む時に空気も一緒に飲み込んでしまう回数が多くなります。その結果、胃に空気がたまってげっぷとして出てくるのです。

また、不安や緊張、ストレスを感じると空気を飲み込む回数が多くなるともいわれています。漫画や映画などでも、緊張が張りつめるようなシーンで「ゴクリ」と唾を飲む、という描写がよく使われますよね。

妊娠中はホルモンバランスの影響から気分の変動が大きくなりますし、新たな命をこれから何ヵ月もかけて、体内で無事育まなくてはならない…と考えただけでも、不安や緊張が高まりそうです。つわりによる心身の不快感や負担、無事に出産できるかといった不安や、出産した後の生活の変化への不安など、妊娠初期にはストレスが溜まりがちになります。

げっぷを抑えるにはどうしたらいい?

残念ながら今のところ、げっぷに効果的かつ妊娠初期に安心して飲める治療薬はありません。げっぷの症状を改善するには、その元となっている消化器症状による不快感を、食生活などによって改善するしかないようです。

げっぷが多発するときはガムや飴を食べない

吐き気や口中の不快感を軽減するため、ガムや飴を口に含むことは悪い方法ではありません。ですが空気を飲み込んでしまう回数は増えるので、げっぷを止めたいなら一時的に利用を控えたほうがよいといえるかもしれません。

炭酸飲料で一気に放出?!

炭酸飲料も胃のなかにガスを発生させるため、直接的にげっぷの「元」となるものです。しかし、一気に出してしまうことで逆にスッキリする、胃のむかつきがとれるので愛飲していた、という体験談も少なからず聞かれます。家にいるときなど、我慢せず盛大に「放出」できる環境で、自分がスッキリできたと感じるのなら取り入れてみてもよいと思います。

ただし砂糖がたくさん入った清涼飲料水の飲み過ぎは体重増加や虫歯につながるので、できるだ糖分の少ない物を選ぶようにしましょう。

消化器症状を緩和する

妊娠初期、体内は消化不良を起こしやすい条件が揃っています。要因となるものをいくつかあげると、

  • 女性ホルモンのhcg(ヒト絨毛ゴナドトロピン)が嘔吐中枢を刺激
  • 女性ホルモンのプロゲステロンが筋肉を弛緩させるため、胃腸の蠕動が弱まる
  • 血液量が急激に増やされるため成分の補充が追いつかず、体液中の電解質が不足することから消化酵素の働きが低下する
  • 自律神経が副交感神経活性に傾き、胃腸の消化機能が落ちる

まず体液中の電解質が不足すると、唾液や消化液中の酵素を活性化する塩素も不足します。ご飯がおいしく感じられない、口の中がべたべたするような不快感が残る、などつわりの時によく聞かれる症状は、ご飯にふくまれるでんぷんが糖に分解されないためと考えられます。また胃の中でも消化酵素が十分に活性されず、でんぷんの消化吸収が低下するため、胃がもたれた感じになるでしょう。

胃もたれを感じるときは、消化を助ける酵素β-アミラーゼを含む山芋、カブ、人参、キャベツを摂るのがおすすめです。加熱してしまうとβ-アミラーゼが働かなくなるので、必ず生食するようにします。

また今日では、妊娠高血圧症候群発症のリスクから妊娠時の食事は塩分控えめにするよう指導されますが、意識しすぎて不足している可能性も。先のリストにあげたように、妊娠すると血液の量が増えるため、塩分をはじめとした電解質の要求量も増えます。カルシウムと同様、不足すると骨に蓄えられた分から溶け出してしまい、骨粗鬆症につながる可能性も指摘されています。普段から高血圧体質の人やごく塩辛い味付けを好む人は注意が必要ですが一般的には、妊娠初期のうちから、食欲を犠牲にしてまで塩分コントロールに過敏になる必要はないでしょう。水分補給時はスポーツドリンクや経口補水液を利用するなど、電解質の補給も合わせて行うようにします。

胃腸が不調の際、食事は少量ずつ、回数を増やすのが基本です。空腹時気持ちが悪くなってしまう人は、いつでもつまめるよう、ひとくちサイズのサンドイッチやおにぎりを用意しておくとよいでしょう。蒟蒻ゼリーなどは腹持ちがよくカロリーも控えめなので、凍らせた物を携帯していたという工夫も聞かれます。

また、何を食べても気持ちが悪い…という時は無理に食べなくても大丈夫。胎盤が作られてへその緒でつながる以前の妊娠初期、赤ちゃんは受精卵由来の卵黄嚢から栄養をもらっています。水分補給だけ気をつけて、これも少量ずつ回数を分けると良いようです。氷を口に含むという方法もおすすめです。

絶え間ない不快感…その原因は〝ニオイ〟かも?!

妊娠中はエストロゲンという女性ホルモンの影響で嗅覚が敏感になり、特にアンモニア臭に対する感受性が増すということがわかってきています。アンモニアは人体の腸内でタンパク質を分解する際に発生し、尿とともに体外に排出されますが、一部は汗や分泌物に混じって排出され、体臭のもとになります。いままでなんともなかった日常の生活臭や体臭が耐えられないもののように感じられるのはそのためです。人の暮らしあるところにニオイあり…ですから、常に気分が悪いと感じてしまうのも無理はないですね。

そしてほとんどの食品にも多かれ少なかれアンモニアが含まれており、加熱することで気化します。人間にとってごく少量のアンモニア臭は芳香と感じられるため、普段はご飯や焼魚など加熱された食品の匂いを「おいしそう」「香ばしい」と感じますが、妊婦は過剰に敏感になっているため不快に感じ、においを嗅いだだけでも気分が悪くなると考えられます。妊娠中は洗濯物を畳んだり、食事の支度がつらくて…と嘆く声はよく聞かれますね。

先述の通り、吐き気が続くと空気を飲み込む回数も増えますので、その場合は「(アンモニア)消臭マスク」の着用で改善が期待できます。もしくは、クエン酸を1%に希釈した液をガーゼに吹き付けマスクの間に挟むと、アンモニア消臭効果があります。

ストレスや緊張をコントロールする

人混みや不要不急の外出を避けるというのは、ストレスを避けるという意味でも、感染症のリスクを避けるという意味でも効果的です。また、体調が悪いと感じたときは、すぐ横になって休みましょう。

とはいえ、産休まで仕事を続けるというママも少なくないでしょう。人前にでたり、外出が多い仕事の場合は、仕事の内容や分担を替えてもらえないか、上司や同僚に相談してみてはいかがでしょうか。または、仕事をしているから気が紛れるというように、捉え方を変えてみるのもよいかもしれません。

一説には、副交感神経活性が高い=リラックスしている自律神経の状態の人ほど、つわりが重い傾向にあるという調査結果もあるようです。もちろん妊娠初期に無理は禁物ですが、意識的に適度な緊張感も取り入れながら生活することが、つわり症状を軽くすることにもつながるといえそうです。

出産後も続く子育てのことを考えると、大変な時に助けを求められる環境や人間関係を作っておくことは大切です。普段家事などをひとりで抱え込んでいると、いざという時すぐ手伝ってもらうのが難しくなるので、今のうちから少しずつ、パートナーや家族に頼めることの種類や量を増やしておきましょう。

逆流性食道炎に注意!

逆流性食道炎とは、胃の中の内容物が食道に逆流して起きる疾患です。症状としては、胸のあたりに焼けるような痛みやムカムカ、胸焼けがおきるのが一般的です。食道の蠕動が弱まっていると、胃の内容物の逆流を防ぎきれず、胃胃酸に触れた箇所が炎症を起こすために発症します。妊娠初期だけでなく、子宮が大きくなり胃を圧迫する妊娠後期にも起きやすい疾患です。

げっぷの直接の原因ではありませんが、胸焼けや焼けるような痛みを覚えるためにそれを抑えようと唾液を多く出すことがあり、唾液が多く出ることで空気を飲み込んでしまいやすくなります。

妊娠中に市販の胃腸薬を飲むことはおすすめできませんので、必ず医療機関を受診して治療を受けるようにしましょう。予防策としては、前屈みの姿勢を正す、食後すぐに横になることを避ける、胃酸の分泌を促すコーヒーや緑茶を避けるなどが挙げられます。

臨月で胎動が激しくなる。これって大丈夫?危険なの?

普通は胎動が少なくなる??

 

0IHHGNXUCH

妊娠初期のつわりなど、つらい時期を乗り越えて初めてママが身体で感じられる赤ちゃん、それが胎動ですよね。だいたい妊娠18週ごろから感じはじめ、ぐにぐに…ぽこん!と日を追うごとに元気に強く蹴ってくれる赤ちゃんがかわいくてかわいくてついニマニマ…。幸せな瞬間です。

でも臨月が近づいてくるにつれて、「痛い!」と感じてしまうくらいの胎動を感じることも。赤ちゃんが元気な証拠なのですがママからしてみればたまったもんじゃない!という気持ちになっちゃいますよね。さらに臨月なのにこんなに激しい胎動があって大丈夫なのかな?という不安なママもいらっしゃると思います。

そんな気になる臨月の胎動について、注意すべきポイントから楽しむ方法まで詳しくご紹介していきます!

臨月で胎動が激しくなるのは危険なこと?

 

fa5153de71f0988fa0e61d6c6c2a5625_s

まずは臨月に胎動が激しくなることについて。一般的に「臨月になると胎動が少なくなったり弱くなったりする」と言われています。これは、赤ちゃんも大きく成長しお腹のスペースがなくなり動きづらくなってしまうことや、出産が近づくにつれ赤ちゃんが下がりより狭い骨盤の中へ入り動きづらくなることなどからそう言われているのです。

確かにそういうこともあるので、もしかして少なくなった!?と極端に不安を感じることはありませんが、赤ちゃんの位置やタイプによってはこれに当てはまらないこともあります。

個人差も大きいことなので、中には陣痛中にも胎動を感じたというママさんもいるほど!ですから、臨月に激しい胎動があったりとしても「こんなに動いていいの?」と特に不安を感じたりしなくても大丈夫なんですよ。

急に胎動が感じられなくなったら注意!

胎動は赤ちゃんの元気のバロメーターでもあります。臨月には弱くなったり少なくなったりすることもありますが、全くなくなるということはありません。その場合には万が一ということもありますので、急に胎動がなくなったかも?という時には胎動カウントをするなどして確認するようにしておきましょう。

胎動カウントのやり方

お母さんが1日1回静かに横になるか座るかした状態で、胎児がはっきりと10回動くのに何分かかるか(目安としては30分以内)を測定する

引用:http://www.sids.gr.jp/prevents.html

だいたい30分で10カウントというのが平均値だそう。この胎動カウントを日課にしておけばちょっとした異変にも気付きやすくなるでしょう。もともと胎動が多いタイプなのか少ないタイプなのか、ということだけでなく、赤ちゃんの睡眠サイクルなども知ることができます。

スマートフォンアプリなどもありますので活用してみるのはいかがでしょうか。

病院に連絡する基準は?

赤ちゃんの睡眠サイクルは一般的に30分から1時間といわれています。30分~1時間寝て起きて…を繰り返しているのです。そのサイクルにのっとって判断したりするのが有効でしょう。

しかし、赤ちゃんの異変を感じられるのはママだけなのです。おかしいと感じたのであれば病院に連絡し、受診してくださいね。

胎動が激しくっても大丈夫!

臨月でも胎動が激しくても大丈夫ということはわかりましたよね。でも、正直痛みで勘弁して!というママさんも多いのではないかと思います。ママのお腹でしっかり大きく元気に育った赤ちゃんの力強さといったら…!さらに胎動を四六時中感じているのはママのみなので、パパやほかの人には痛みをわかってもらえないというのも悩みになってしまいますよね。

そこで少しでも激しい胎動を赤ちゃんとママが楽しめる方法をご紹介します。

・キックゲームで楽しんで

3f64031f4c0ce4a65c763331b1c2afb2_s

キックゲームというのはお腹の赤ちゃんとするゲームのこと。

最初は赤ちゃんがキックしたところをママが「キック!」と言いながらトントンとたたきます。そうしているうちに、ママがトントンとお腹をたたくと赤ちゃんがそれに反応してその部分をキックするようになってきたりします。

お腹の赤ちゃんとコミュニケーションをとれるゲーム方法で、胎教の一種として行う方も多いのです。赤ちゃんも感じられ、さらに胎動もコントロールすることができるのでぜひ試してみてくださいね。

・ムービーで保存しておく

 

46462d0cc9ffc8104633f3b748257667_s

胎動の激しいタイプの赤ちゃんの場合、洋服の外からでもわかるということも多いですよね。そんな外から見てもわかる胎動をムービーにとって保存しておくのはいかがでしょうか。

胎動を感じられるのは一生に限られた時期だけ。ママと赤ちゃんの宝物として思い出をムービーで残しておいて、生まれたお子さんと見るのも良いですよね。

一生にこの時期だけ

470309030bcb90883698fead5d14acd9_s

つらい!と思うことも少し時間がたってみると宝物のような思い出です。お腹の赤ちゃんと一心同体のこの時期だけの胎動もぜひ思い出として残しておいてみてくださいね。

つわりはいつから?原因・症状・対策も解説

b35859b0-3a3a-4a86-bb43-f7cd1ff7f694
引用元:生理後の吐き気の原因は本当に妊娠?生理後の吐き気の理由と原因の1番目の画像

つわりとは、妊娠初期の妊婦に見られる生理現象で、主に吐き気や胃のむかつきなど消化器系の症状として現れるもの。程度や症状には個人差がありますが、実に妊婦の70〜80%が経験するといわれています。

つわりはいつから始まるの?

ドラマのワンシーン、女優さんが突然「うっ」と口を押さえて洗面所へ…。妊娠が判明する場面でよく使われるおなじみの描写ですが、あれは実際いつ頃のことなのでしょう?
つわりは、早い人では妊娠5週目頃から始まるといいます。生理予定日に生理がこない…という時点をおよそ妊娠4週目と数えますので、ちょっと遅れているだけと思っていたら「突然の吐き気で思い当たる」というあのシーンも、じゅうぶんあり得るわけです。

おめでたいこととはいえ、心や環境を整える間もないまま、体調不良に振り回されることからはじまるのでは、つらいですよね。妊娠を意識したときから情報を得たり心構えをしておくと、いざという時すこしは余裕が持てるかもしれません。

つわりの原因は?

つわりの原因には諸説がありますが、いまだに究明されていないというのが実情です。遺伝、体質、環境、生活習慣、栄養状態、そしてその組み合わせ…といった条件が千差万別かつ複雑であるため、比較検証が困難なのです。
そのなかで、現在有力な説としては

  • 妊娠初期に分泌されるhcg(ヒト絨毛ゴナドトロピン)というホルモンが嘔吐中枢を刺激する
  • 身体が赤ちゃんを異物としてとらえてしまい、拒絶反応が起きる
  • ホルモンバランスの急激な変化で自律神経(交感神経/副交感神経)が失調状態になる

などがあります。

原因ははっきりとわかっていないものの、つわりがおさまるのはほとんどの場合妊娠12週〜15週、子宮内で胎盤が完成する頃です。胎盤が完成すると、赤ちゃんに栄養を送ったり排泄物を処理したりという作業を胎盤が肩代わりしてくれるようになるので、母体への負担が軽くなるとされています。

つわりの症状は?

つわりといえば主に吐き気や胃のむかつきといった消化器症状、あるいは〝食べづわり〟といわれる食欲過多、特定の匂いに過敏になるなどの症状が知られています。なかには吐きづわり・食べづわり両方の症状に悩まされた、という人もいるようです。他にはひどい眠気に悩まされる〝ねむりづわり〟、唾液が異常に分泌される〝よだれづわり〟、不眠や頭痛、腰痛やこむら返りといった症状も聞かれます。ここでは一般的な消化器症状を中心にみていきましょう。

吐き気や胃のむかつきはどうして起こる?

妊娠すると、赤ちゃんに栄養や酸素を送り込むため母体の血液量が急激に増えます。量は増えても血液を構成する各成分が追いつかず、ミネラル分のバランスが一時的に大きく崩れる(専門的には『血清浸透圧が低下する』)ことが、つわりの症状に深く関係している可能性があるという説があります。

まず塩分が不足すると、唾液や消化液中の酵素を活性化する塩素も不足します。ご飯がおいしく感じられない、口の中がべたべたするような不快感が残る、などつわりの時によく聞かれる症状は、ご飯にふくまれるでんぷんが糖に分解されないためと考えられます。また胃の中でも消化酵素が十分に活性されず、でんぷんの消化吸収が低下するため、胃がもたれた感じになるでしょう。

そして消化しきれなかったでんぷんは大腸で腸内細菌のエサになり、ガスを産生します。消化しきれなかったエサが多いほどガスも増え、げっぷや腹部膨満感などの不快な症状の一因となるわけです。

吐きづわりはどうしておこるの?

食べても食べなくても吐いてしまう、水を飲んでも吐いてしまうというのがいわゆる〝吐きづわり〟です。起きている間じゅう常に気持ちが悪い…その原因は〝ニオイ〟かもしれません。

妊娠すると嗅覚が敏感になり、特にアンモニア臭に対する感受性が増すということがわかってきています。アンモニアは人体の腸内でタンパク質を分解する際に発生し、尿とともに体外に排出されますが、一部は汗や分泌物に混じって排出され、体臭のもとになります。いままでなんともなかった日常の生活臭や体臭が耐えられないもののように感じられるのはそのためです。人の暮らしあるところにニオイあり…ですから、常に気分が悪いと感じてしまうのも無理はないですね。

そしてほとんどの食品にも多かれ少なかれアンモニアが含まれており、加熱することで気化します。人間にとってごく少量のアンモニア臭は芳香と感じられるため、普段はご飯や焼魚など加熱された食品の匂いを「おいしそう」「香ばしい」と感じますが、妊婦は過剰に敏感になっているため不快に感じ、においを嗅いだだけでも気分が悪くなると考えられます。

また、つわりが妊娠悪阻といわれる病的なレベルにまで重症化する人には、高アンモニア血症といわれる症状が見られることがあります。この場合はタンパク質を摂取すると嘔吐しやすくなってしまいます。牛乳や卵、肉・魚が無理…というタイプのつわりの人は、こちらを疑ってみる必要があるかもしれません。まずは医療機関で相談しましょう。

食べづわりはどうして起こるの?

空腹になると気持ちが悪くなるためなにかしら口にしてしまう、あるいは特定のものが無性に食べたくなるなど「食べづわり」といわれるタイプのつわりもあります。

なかには、空腹が気持ち悪くて食べてしまうが、食べると吐いてしまう…という同時多発型もあるようです。いずれにしても胃部不快感という消化器症状の一種といえます。

何かがやたら食べたくなる!止まらない!といった場合では、フライドポテトや唐揚げといった揚げ物、アイスクリームといったものがよく聞かれます。いずれも脂肪分が多いものであり、胃酸が胃壁を刺激するのを和らげてくれる効果や、体内で過剰になっている成分の吸収を遅くする効果などを身体が求めているのかもしれません。

つわりが重くなる要因

先述の通り、つわりの原因ははっきりと究明されてはいませんが、つわりの重いケースには下記のような傾向がみられるということです。なお、同じ人でも1人目2人目でつわりの出方が違う、ということがあるので、〝つわりの重い人〟という類型が存在するわけではありません。

  • 副交感神経系活性傾向
  • hcg、エストロゲンといった女性ホルモンが高値
  • 頭を使う仕事(ストレス)が多い
  • 血清成分が高カルシウム、低ナトリウム/カリウム/マグネシウム状態

日常生活でホルモン分泌をコントロールするのは難しいですが、例えば頭脳労働は短く時間を区切って休憩を多くとるようにする、ぬるいお風呂より熱いシャワーで交感神経を活性化する…など、上記から逆算的な工夫を試みてみるとつわりを軽くすることができるかもしれません。

つわりの対策は?

まずは水分補給をこころがけて!

妊娠すると血液の量が増えるため、水分の要求量も増えます。また、吐くことが多い人は水分が不足しがちになるので、意識して水分をとるように心がけてください。ですが、真水だけだと血液の成分を薄めてしまうので、つわりが悪化したり、むくみやこむら返りといった症状がでてしまうことも。スポーツドリンクや経口補水液を利用するなど、電解質の補給も合わせて行うようにします。

水を飲んでも吐いてしまうほど吐き気が強い場合は、氷を口に含むなどして、少量ずつ回数を多く摂るよう工夫してみましょう。電解質補給は塩飴やタブレットなどを併用してみてはいかがでしょう。塩飴は、唾液中の酵素の働きが悪くなっていることが原因の口中不快感を改善する効果もあるようです。

一説によると、意外な理由でNGとされるのがなんと緑茶。コーヒー・紅茶に比べてカフェイン量が少なく、糖質の消化を妨げるカテキンが多く含まれているので、体重増加を気にする妊婦さんにとっては悪くない飲み物…のようですが、つわりの時期には避けたほうが無難かもしれません。
というのも、緑茶に多く含まれるL-テアニンは副交感神経を活性させるため、リラックス効果があるといわれています。ところが、つわりが重症な妊婦ほど副交感神経活性が高いと報告がされており、緑茶を飲むことでさらに症状を悪化させてしまうおそれがあるということです。つわりの時期を過ぎてからにしたほうがよさそうですね。

冷たい飲み物や炭酸水は胃腸の動きを促すので、一時的にスッキリしますが、飲み過ぎは逆効果なので、一度に150cc程度にしましょう。

食事は食べられるものを少量ずつ

妊娠初期は赤ちゃんの脳や神経、内蔵など重要な器官が形成される時期でもあります。そんな大切な時期につわりがひどいと、ちゃんと食べられなくて赤ちゃん大丈夫かな…?と心配になってしまいますよね。

でも胎盤が作られてへその緒でつながる前の妊娠初期、赤ちゃんは受精卵由来の卵黄嚢から栄養をもらっています。もちろんママの体内では血液がたくさん作られたり、子宮を大きくしたりという作業が急ピッチで進められているのですが、本当に必要なものは体内に蓄えられたものから使われていくので、とりあえずは神経質にならなくても大丈夫。とにかくそのとき食べられるものを、少しずつ回数を分けて口にするようにしましょう。

臭いで食べ物を受け付けないタイプのつわりに悩む人は、ご飯に梅干し、焼魚にレモン汁をかけていただくなど、レモンやお酢の使用が有効です。クエン酸が不快に感じる元であるアンモニア臭を消してくれます。ただし逆流性食道炎を併発している場合は、酸味により吐き気が誘発される場合がありますので、食事は医師の指示にしたがいましょう。

また、食品を温めることで臭いが強く感じられるので、例えばパンはトーストせず常温で食べる、ご飯は小さなおにぎりにしておいて冷めてから食べる、など温度にも気をつけるようにするとよいでしょう。

食べづわりは体重増加に注意!

赤ちゃんの分まで二人分食べなさい、というのは昔の話。妊娠中の体重増加は、さまざまな合併症の発症リスクを高めるとして、現在では体重コントロールが重要という認識になっています。それらの合併症の中には、妊娠期だけでなく産後の体にも影響したり、胎児の成長を妨げたりするものもあるので注意が必要です。代表的な合併症を挙げてみると

  • 妊娠糖尿病
  • 妊娠高血圧症候群
  • 陣痛が弱まりやすい、帝王切開になりやすい

などがあります。
なお、標準体型の人で妊娠中に増えてもよいとされる体重は+8kg程度。これは赤ちゃんや羊水の分も含んだ数値なので、母体だけの増加でいうと+3〜4kgといったところでしょう。

空腹時に気持ち悪くなるという人は、1回に食べる量を減らし回数を増やす、間食にはカロリーの低いものを用意するなど、食事の摂り方を工夫するのが効果的です。

ニオイで気分が悪くなる人はマスクを

先述の通り、妊娠時はアンモニア臭に過敏になるため、生活臭や体臭によっても気分が悪くなったり吐き気が誘発されることがあります。その場合は「(アンモニア)消臭マスク」の着用で改善が期待できます。もしくは、クエン酸を1%に希釈した液をガーゼに吹き付けマスクの間に挟むと、アンモニア消臭効果があります。

つわりのときにおすすめの食べ物

食後胃がもたれるような場合は、消化を助ける酵素β-アミラーゼを含む山芋、カブ、人参、キャベツを摂るのがおすすめです。加熱してしまうとβ-アミラーゼが働かなくなるので、必ず生食するようにします。
また、果物の甘さの成分「果糖」は唾液による分解を経なくても甘さを感じられるため、唾液中の消化酵素活性が低下しがちな妊婦にも美味しいと感じられるようです。

まとめ

つわりになるならないは、妊娠してみないとわからないということになります。大多数の人がなるものと心得て、つわりの期間を少しでも楽に過ごせるよう対策をしましょう。

精神的なストレスもつわりを重くすると言われますので、無理をせず、身体がつらいときは横になる、家事はパートナーに協力をお願いするなどして乗り切りましょう。

臨月のお腹の張りの原因と上手な向き合い方。赤ちゃんの状態は?

ちょっと不安…臨月のお腹の張り

1457669996132u8

妊娠中期など、最初はどういう「張り」という感覚がどういうものかわからない!という方も多かったと思いますが、臨月ともなるとなんとなくコレが張り?とわかってきたのではないでしょうか。日に日に強くなっていくのを感じているかもしれませんね。

でもこれが普通なの?と疑問に思うことも多いと思います。臨月にお腹が張るのはかまわない?赤ちゃんは大丈夫?など、今回はママが気になる臨月のお腹の張りについてご紹介します。

お腹が張るってどういう状態?

初めての妊娠や、体質によってはお腹が張るという現象そのものがわからない!という方も多いと思います。
まず、お腹に触れたとき柔らかいと感じるのが通常です。そこからキューっと締まるような感覚や、お腹に触れたとき固いと感じるのであればそれが「張っている」状態だといえます。人によっては痛みを感じたりすることも。

臨月であればお腹も大きく丸くなっていると思いますが、張っているときにお腹の形やおへその形が変わった!という方もいますので、そういうのも判断基準になるかもしれません。

臨月だったらお腹が張っても構わない?

だいたい妊娠中期ごろから何度かお腹の張りを経験するのは正常です。しかしその場合、医師や助産師さんから「お腹が張ったら安静に」「張り止めのお薬を処方」などの診察を受けた方もいると思います。

臨月の場合ですと、1日に4,5回は張りがあったりするのもふつうになってきます。臨月だから張っても全然OK!というわけでもありませんが、臨月に近づき、頻繁に強く張る感覚があるのは正常な現象だといえるのです。

お腹が張るとき、赤ちゃんはどんな状態?

13636461958x80g

お腹が張るとき、お腹の中にいる赤ちゃんはどんな状態なのでしょうか?
お腹の張りとは子宮の収縮のことです。収縮する際、へその緒の位置によっては一時的に赤ちゃんの心拍が落ちてしまうなどの影響があり、苦しい状態なのではないかと言われています。
あまり長く続いてしまったり、強い張りが何度もある場合は赤ちゃんが心配ですので、かかりつけの病院へ連絡し症状を伝えるようにしてください。

お腹の張りからお産につながる?

赤ちゃんにあえるのを心待ちにしている方にとって一番気になるのは「張りはお産につながる?」ということではないでしょうか。

ずばり、臨月のお腹の張りから陣痛へとつながることはある!と言われています。しかし張りやすいタイプだから早く産まれる…というわけでもなく、個人差の大きいポイントでもあります。

お腹の張りが刺激になり、陣痛へつながったという体験談もあるように生産期(37週~)を過ぎたあたりから医師に「どんどん張らせてね!」と言われる方も多いようです。しかし無理は禁物。強い痛みを感じたりすることがあればママもつらいものです。休息をとってくださいね。

臨月にお腹が張る理由

具体的に臨月にお腹が張る理由はどのようなものがあるのでしょうか?

・ママの身体の出産準備

1383502073znbrz

不規則にお腹が張ったり痛みを感じたりする現象のことを「前駆陣痛」と呼びます。この前駆陣痛は陣痛の予行練習とも言われ、そこから本陣痛へつながるパターンもあります。

・運動などの刺激

臨月に入り、お産に向けて運動を始めるママさんも多いですよね。体力をつけるため、お産を促すために行う運動ですが、その際にお腹が張る経験をした方も多いのでは。運動などの刺激によってお腹が張る事がよくあります。

・冷え

最近では冬場だけでなく夏場でもクーラーなどで冷えたりすることも多いですが、冷えはお腹が張る原因にもなってしまうといわれています。さらに身体が冷えていると、弱い陣痛が続いてしまったり、子宮口が上手に開かずに難産になってしまう傾向があるので、臨月ママさんは積極的に冷えをとるよう心がけておくのが◎。

・便秘

27d72465b108fd2b5a9250057ea5889b_s

便秘で悩む妊婦さんも多いですよね。そんな便秘も実はお腹の張りの一因に。特に妊娠中はカチカチの硬い便になってしまい、出すのも一苦労…なんてことも。できるだけ腹圧をかけなくてすむよう、水分をこまめにとるなどして柔らかい便を出せるよう心がけておきましょう。

これがあったら病院へ不安なお腹の張り

臨月のお腹の張りは自然な現象といってもいいくらいなのですが、やっぱりママは赤ちゃんが心配になるもの。そこで病院に連絡するべきお腹の張りのパターンをいくつか紹介します。

・出血をともなっている

出血をともなっている場合は要注意。胎盤が先にはがれてしまう常位胎盤早期剥離などの可能性もあるのでなるべく迅速に受診するようにします。

・横になってもおさまらない

横になるなど安静にしていても張りがおさまらない、強い張りが何度もくる…など、いつもと違うと感じるならかかりつけの病院に連絡しましょう。

赤ちゃんにあえるまで、カウントダウンスタート

 

a0027_002347

前駆陣痛を感じ始めるこの時期。いよいよ赤ちゃんにあえるまでのカウントダウンがスタートしました。いろいろなことがあり、不安を感じることも多いと思いますが、できるだけリラックスして毎日を過ごしてくださいね。

不妊・妊娠線などはじめてのママの悩みを解決するメディア