タグ別アーカイブ: 臨月

臨月っていつからなの?臨月の上手な過ごし方

もう間もなく赤ちゃんに会える臨月。ここまで「いろいろあった!」という妊婦さんも、「平和だったな~」という妊婦さんもお腹の大きい期間はあとわずかとなってしまいました。赤ちゃんに会えるのがうれしいけどちょっぴりさみしい…と感じてしまうこともあるかもしれませんね。

そんな臨月を楽しんで過ごすためには何が大切なのでしょうか?今回は臨月の上手な過ごし方について考えていきたいと思います。

そもそも臨月っていつから?

5f4d9301460f10ecd78a9a1e8e5f472e_s

臨月とは妊娠36週からの期間のことを指します。いわゆる妊娠10か月目が臨月ということになりますね。

出産を間近に控えた時期でもあり、赤ちゃんも大きく育ちお腹も最大に大きくなっています。バランスもとりづらく転びやすくなったり、立つのも一苦労だったり、ママの身体への負担も今が最大。腰痛などのトラブルに悩まされている方も多いでしょう。

そんな大変なことも多い臨月ですが、赤ちゃんの産まれる前の最後の期間です。これから忙しい子育てがはじまる前の貴重な時間を有効に使いたい!と思っているママさんも多いのでは。

臨月にしておきたいこと5つ

そこで今回は臨月を楽しんで過ごすためにしておきたいことを5つご紹介します!ぜひ参考にしてみてくださいね。

1 読書をする

4VHE7E68OE

赤ちゃんが生まれたらゆっくり読書をする時間もなかなかとれないかもしれません。読みたいなと思っているものがあれば積極的に読むことをおすすめします。

子育てについてのエッセイや漫画を読むのも今後の参考になって良いかもしれませんし、長編サスペンスものを集中して楽しむのも良いかもしれませんね!ひとりでゆっくり本と向き合う時間を作れるのも出産前ならではです。

また、赤ちゃんが産まれたら読ませたい絵本をゆっくり選ぶのもおすすめ。こんな子になってほしい、どんなことに興味があるかな?など、産まれてくる赤ちゃんのことを考えながらじっくり選んでみてください。

2 運動を楽しむ

I1R1CWCB19

気分転換にウォーキングなどの運動をしてみるのはいかがでしょうか。気分もすっきりしますし下半身を鍛えるスクワットなどをしたり、出産のための体力もついてまさに一石二鳥です。赤ちゃんが産まれてからは1か月間は外に出ることができませんし、今のうちに外の空気を満喫しておきましょう!

しかし体調をみて運動をたのしみ、くれぐれも無理しないよう心掛けてくださいね。

3 マタニティフォトを撮っておく

ee9f1fc1bc15c856abf1de9cb2f9fd35_s

臨月のまん丸な大きいお腹もあと少しで見納めとなってしまいました。そこで写真に残しておくのはいかがでしょうか?

フォトスタジオなどで撮るのはちょっと…という方も自宅でスマートフォンなどのセルフタイマーを使用すれば手軽に写真に残すことができます。旦那さんと2人で撮って自分たちの思い出にするもよし、産まれた赤ちゃんに将来見せるのもよし。子供をお腹に宿すという貴重な体験をぜひ写真に納めておきましょう。

4 旦那さんとデートをする

DEQLZPT7JI

現在1人目を妊娠しているママにとって臨月は旦那さんとの2人の時間も残り少なくなってくる期間でもありますよね。赤ちゃんと家族3人でおでかけする日がやってくるのも、もちろん楽しみですが、やっぱり2人きりのデートも特別。ぜひゆっくりデートを満喫してください。

また、上の子がいる場合はその子に思いっきりかまってあげる1日を作るのも良いでしょう。赤ちゃんが産まれてしばらくはさみしい思いをさせてしまうことも多いと思います。体調に問題がなければお出かけしたり、思いっきりワガママを聞いてあげることも思い出に残ります。

5 ゆっくり眠る

12B5400E80

赤ちゃんが産まれたらすぐに怒涛の子育てがスタートします!夜も授乳で細切れ睡眠…お昼寝も満足にできない…なんて日々が数か月続くこともあるんです。ですから、眠りたいときに眠れる今のうちにゆっくり眠っておくのも贅沢な時間の使い方ですよね。

働いていて産休に入ったママさんは臨月に「ひまだ」と感じてしまうこともあると思います。毎日いつ産まれるのかわからず、何もできない…と焦りを感じたり、思い悩んでしまう方も多いですよね。でも大丈夫です。臨月はいつまでも続きませんし、産まれてしまえば慌ただしい日々の始まりです。今だけでもリラックスして身体を休めてゆっくり自分のための時間を使ってくださいね。

臨月にも楽しむために頭においておきたいこと

もう間もなく出産とはいえ妊婦さんです。やっぱり何をしてもOK!というわけではなく、覚えておきたい注意点もあります。

いつ産まれてもおかしくないということを忘れない

臨月も37週となれば正産期と呼ばれ、陣痛や破水次第でいつ産まれても大丈夫な期間にはいります。ということはお出かけの最中にも陣痛がはじまってしまう可能性や、急に破水をしてしまう可能性があるということなんです。

お出かけは遠出は避け、病院へ30分ほどでつける距離までと覚えてください。急に病院へ向かわなくてはならなくなった時のため、母子手帳や健康保険証を持ち歩くことを忘れずにしておきましょう。

急な破水の対策としてはタオルと生理用ナプキンをバッグの中に用意しておいたり、陣痛タクシーに登録しておいたりするのもおすすめです。

「予定日よりも2週間早めに産まれた」などの話を聞く機会もあると思います。陣痛の起こるタイミングは誰にも予測できません。いつ産まれてもおかしくないということを頭にいれておき、対策をしておくことが大切になります。

考えすぎないこと

出産を間近に控えた妊婦さんは陣痛のことで思い悩む方も多いと思います。「どれくらい痛い?」「どうやってはじまるの?」など、漠然とした恐怖を感じてしまいますよね。

あまりに考えすぎてストレスを感じてしまったりしては赤ちゃんにもよくありません。気にしないようにする…なんてことは無理だと思いますが、できるだけ考えすぎないように過ごしてくださいね。

臨月も上手に楽しんで

fa45b3f600093a5512b981e7b053a00f_s

お腹で胎動を感じられるのも残りわずかな時間となりましたね。赤ちゃんとの日々も心待ちにしながらここまでよく頑張った!と自分をほめてあげる時間をとって、臨月も思う存分楽しみましょう!

おならは臨月のサイン?お腹の状態とおならの関係

臨月に入ったと思ったらおならが…

96334b10e47f50389f7c9c60dfe13196_s

トツキトオカの妊娠期間はさまざまなマイナートラブルに悩まされる時期。もちろん臨月にもいろいろな身体の変化により、トラブルに悩むママも多いんです。その中でも「おなら」は生理現象だから止められないし恥ずかしいやら困るやら…でも、どうにかしたい!と思いますよね。

今回はそんなママが困ってしまいがちな臨月とおならの関係を紐解きながら、お腹の状態はどうなっているの?という疑問から対策までしっかりご紹介します!

どうして臨月にはおならがよく出るの?

まず、どうして臨月にはおならがよく出るといわれているのでしょう。お腹の中の状態はどうなっているのでしょうか?

・ホルモンバランスの変化

よく言われるのがホルモンバランスの変化です。ホルモンの分泌量の影響で、腸の調子が良くなったり悪くなったりすることがあり、臨月のおならもそんな理由から頻繁に出るようになってしまうんです。

妊娠してから分泌される黄体ホルモンは実は腸の働きを弱くしてしまうことでも有名です。そのため、黄体ホルモンの分泌が盛んになる妊娠期間は全体を通して便秘になりやすいと言われているんですね。

その黄体ホルモンは臨月になると分泌量が減ります。これは出産が近づき、妊娠を継続させるために出していた黄体ホルモンが必要なくなるから。こうしたホルモンバランスの変化が腸にも影響しているので、おならがよく出るようになるということだったんです。

この場合は腸の調子が良くなることで働きも活発になり、便通もスムーズになります。

・出産の兆候

850f813dc8f136d2ce568f11f8744e4c_s

もうひとつの理由としては、子宮や赤ちゃんが下がってくることにもあります。出産が近づくと、準備のためにママの骨盤は開き、その中に頭を入れるようにして赤ちゃんが下がっていきます。ということはママの身体のなかにある内臓も少しずつ位置を変えているということですよね。

そのため、腸が圧迫されてスムーズに便が通れなくなり、きちんと排出できないため腸内環境は悪化…。腸内の環境が悪化してしまうとガスが発生しやすくなり、それがおならとして出てきてしまうんですね。

臨月のおならはこう対策する!3選

上記のことをまとめると、もう臨月にはしょうがないことなんだ…と諦めもつくかもしれません。しかしママとはいえど女性です。恥ずかしいタイミングでついつい出ちゃった!なんてこともありますよね。ここでは臨月にできるおなら対策をご紹介します。

その1 定期的にトイレへ行く

家族や旦那さんの前ではおならをしない!という人もいらっしゃると思います。その場合はやっぱり出す場所を決めておいたほうが良いでしょう。定期的にトイレに行くようにし、そこで出すと決めてしまえば不意に出てしまうことも減っておすすめです。

我慢は身体に悪いですし、腸にたまったガスは時間がたつと再び身体に吸収され血液にのって全身をめぐってしまいます。できるだけ出すように心がけてくださいね。

その2 食事に気を付けてみる

1197b23a1ff9fb59f8aaeb68dccf653c_s

便秘になってしまい、おならがよく出る…という場合は腸の中に悪玉菌が増殖している可能性があります。善玉菌を増やすためにも食事の内容に気を付けてとってみることをおすすめします。

おならが出てしまうことも気になるけど、ニオイがもっと気になる…なんて場合もありますよね。不意に出ただけでも恥ずかしいのに、ニオイが…なんてことも。実はおならが臭くなってしまうのも臨月にありがちな現象ともいえます。水分をしっかりとることを意識すると、便を柔らかくすることができて出しやすくなり、さらにヨーグルトや納豆などで善玉菌を増やすことでニオイの対策にもなるのでぜひ挑戦してみてくださいね。

どうしても便秘が治らない場合は、産院で妊婦さんも飲めるお薬を出してもらうことも可能です。妊娠しているときの便秘は吐き気を催してしまったり、太りやすくなったりとデメリットばかり。検診の時などに相談してみましょう!

その3 いっそ開き直る

もう家族にも「出産の兆候だから!」と説明し、理解してもらうというのもひとつの手。お腹も大きくなっていますし普段以上におならが我慢できず、ふとした瞬間に出てしまう…というのも臨月にはよくあることなんです。

今だけだからと自分も家族も納得させて、気にせず出すのもストレスフリーな方法です。

ただの腹痛だと思ったら…陣痛だった!?

33db49181fb570642fafa3b010c3c9c6_s

理由はいろいろあるものの、腸の調子が変わりやすい臨月。なんだか下痢っぽいかも…!なんて思ってトイレに行っていたらそれが実は陣痛だった!というパターンがあるのをご存じですか?

とても痛くて苦しいイメージのある陣痛ですが、いきなり最初から最大の痛みがくるわけではありません。しかもその痛みの感じ方には個人差があり「生理痛のような腰にくる痛みがだんだん波になり陣痛になった」という方もいれば「腹痛だと勘違いしてトイレにいたら陣痛だった」なんて方もいらっしゃるのです。つまり、最初はみんなよくわからず、あとから思い返せば「あれが陣痛のはじまりだったんだ」と気付く程度なんです。

トイレでいきんですぐに生まれたという話がないわけではないですが、とてもまれなケースだと言えます。陣痛がはじまり、赤ちゃんが生まれるまでには時間がかかるものなので、トイレに行くのに不安を感じるほど気にする必要はないかもしれませんが、何かいつもと違う腹痛だなと異変を感じるのなら波がないか?定期的な痛みがきていないか?など少し気にしてみるようにしてくださいね。

陣痛カウントは初めてのママさんにはわかりにくいもの。そこでスマートフォンの陣痛カウントアプリなどを活用するのもおすすめです。ぜひいざというときのためダウンロードしておくと便利です。

臨月のおならはサインでもある

d2ffb46f523a1a55d6e7ba933f032135_s

臨月によく出るおならは身体が発する「もうすぐ出産だよ」のサインなのかもしれませんね。確かに恥ずかしかったり、困ったりすることも多いかもしれませんが、その分外出ではなくおうちでゆっくりする時間をとるのも良いでしょう。

しっかりリラックスして、もうすぐ会えるお腹の赤ちゃんとの時間を大切にしてくださいね。

 

臨月で気持ち悪すぎる!原因と対処法3選!

臨月でまた吐き気?

cffb557482836b5c2727aff439276846_s

お腹ももう最大に大きくなった臨月。働いていたママも産休に入り、出産までもうすぐだしあとはリラックスして過ごすぞ~!と思っていたら…「あれなんだか気持ち悪いかも?」なんてママさんも実は多いんですよね。つわりは終わったはずなのにどうして??なんて疑問もあるかもしれません。

今回はそんな臨月の吐き気の原因と対処方法をご紹介します。

臨月で吐き気が出てくるのはどうして?

臨月の吐き気は「後期つわり」とも呼ばれ、全体の約半分のママさんたちが経験するもの。初期にあったつわりと比べると楽な場合も多く、吐かないけど気持ち悪い…ご飯がたくさん食べられなくなった…などの症状があります。

ここではそんな吐き気の理由をパターンごとに対策と一緒に紹介しています。ぜひ自分がどのタイプなのか考えてみてくださいね。

パターンその1 ホルモンバランスの変化

MJO5HX4V34

まず、臨月に大きく変化するものといえばホルモンバランス。これは出産が近づいたため、今まで必要だったホルモンがいらなくなったり逆に必要な別のものが出始めたり…と臨月はホルモンバランスの変化する時なんです。

そんなホルモンバランスの変化で胃の消化機能が低下することがあり、これによりいつもよりも消化に時間がかかってしまい吐き気として出てきてしまうことも。

・対策 <消化に良いものを食べるようにする>

対策としては、脂っこいものなど消化に悪いものは避けて食べるようにしたり、消化に良いものを選んで食べることが重要です。胃の負担を少しでも軽くしてあげることで、不快感がなくなる場合もあります。

または妊娠初期に口にしてスッキリしていたものなど(ミントガムや梅干しなど)をもう一度口にしてみるのも、良い対処法が見つかるかもしれないのでぜひ試してみてください。

パターンその2 大きくなった赤ちゃんが圧迫する

5Z8QJ8SIHD

これも仕方のないことなのですが、臨月ともなると子宮も赤ちゃんも最大の大きさになっていますよね。まだまだ大きくなることだってあります。そんな大きくなった子宮や赤ちゃんに胃が押し上げられ、不快感を感じる場合があります。

・対策 <食べ方を変えて食べ過ぎをふせぐ>

この場合、胃にたくさん食べ物を入れないことも大切です。食べ過ぎを防ぐため、少しずつ時間をわけるように細切れに食べるようにするのもおすすめ。こうすることで、ご飯の回数が増えお腹がすいたのに食べられない!という状況にならなくてすみますし、栄養もとれて満足感もあります。

しかし同時に臨月は体重の増えやすい時期でもありますので要注意。カロリーもざっくりで良いので計算しながら食べるようにしてくださいね。

パターンその3 逆流性食道炎

5ece62856810d853ce8e0498e396f28d_s

吐き気のほかに胸やけがしたり、げっぷが出たり、食べ物が飲み込みづらいなどの症状はありませんか?もしある場合はもしかしたら逆流性食道炎の可能性も。妊娠後期は胃酸も増えるので、胃から少し出た胃酸が食道を傷つけてしまっているのかもしれません。

・対策 <食べた後すぐに横にならない>

臨月ともなると大きいお腹で身体もしんどいですよね。ごろんと横になって休みたくなる気持ちもよくわかりますが、食後すぐに横になってしまうことが、逆流性食道炎の原因になっているかもしれません。食べ物が胃に入っている状態で横になってしまうと、胃から胃酸が漏れ出てきてしまい食道のほうへ逆流してしまうのです。逆流した胃酸は食道を傷つけ炎症を起こしてしまいます。

さらに食べ過ぎないことや消化に良いものを選んで食べるようにしたりといったことも効果的。実は後期妊婦さんに多い逆流性食道炎。もしも気になる場合はお薬を出してくれる場合もあるので、産科の医師に相談してみてくださいね。

どのくらいで病院へいけばいい?

7af60530d543237dde3140023e2d614c_s

妊娠中でいつもの状態と違う上にさらに体調が悪いとなると、病院へいく基準もあいまいになってしまいがち。しかし、不安であれば電話でもいいので相談してみるのも良いでしょう。

どうしても食べられず、栄養が摂れないとき

赤ちゃんをお腹で育てている妊婦さんですから、栄養が摂れないほどの吐き気の場合は必ず病院へ相談するようにしてください。また、水分も受け付けなくなってしまい、摂取することができなくなった場合は早めに病院へ行き点滴をしてもらうなどの対処が必要となります。赤ちゃんのためにも無理や我慢は禁物です。

下痢を伴っているとき

吐き気もあってお腹も下している…なんてときはほかの病気の可能性がありますので、即座に医師へ相談し受診するようにしてください。妊婦さんでも飲める薬を出してくれたり、点滴で栄養補給をしてくれたりとさまざまな対処方法があります。何よりもこの場合、不安だと思います。決して自分で判断せず、医師へ相談してくださいね。

また食あたりの時なども同様です。胃薬や整腸剤を出してもらったり、水分や栄養は足りているか?赤ちゃんは元気なのか?などの確認もできるので、できるだけ医師に診てもらうようにしましょう。

吐き気の赤ちゃんへの影響

やはりママが気になるのは赤ちゃんへの影響。後期つわりはしっかり食べられる状態であれば赤ちゃんへの影響はありません。

吐いたりすることでお腹が張るなどの現象もあるかもしれませんが、臨月にお腹が張るのはふつうなことでもあります。ですから大量の出血がある…などのあきらかな異常がなければ赤ちゃんへの影響はないと考えて大丈夫です。安心してくださいね。

少しずつ楽になることも…まとめ。

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s

臨月の吐き気は後期つわりであることが分かりました。さまざまな理由があって起こるこの後期つわり、実は出産が近づくと赤ちゃんが下がってくるため楽になるともいわれています。ですから悩むのもあともう少し!もうちょっとの辛抱です。

とはいっても大きくなったお腹を抱えて吐き気と戦うのはつらいもの。ゆっくり休める時間をとって、できるだけリラックスするよう過ごしてみてくださいね。

臨月のお腹の張りの原因と上手な向き合い方。赤ちゃんの状態は?

ちょっと不安…臨月のお腹の張り

1457669996132u8

妊娠中期など、最初はどういう「張り」という感覚がどういうものかわからない!という方も多かったと思いますが、臨月ともなるとなんとなくコレが張り?とわかってきたのではないでしょうか。日に日に強くなっていくのを感じているかもしれませんね。

でもこれが普通なの?と疑問に思うことも多いと思います。臨月にお腹が張るのはかまわない?赤ちゃんは大丈夫?など、今回はママが気になる臨月のお腹の張りについてご紹介します。

お腹が張るってどういう状態?

初めての妊娠や、体質によってはお腹が張るという現象そのものがわからない!という方も多いと思います。
まず、お腹に触れたとき柔らかいと感じるのが通常です。そこからキューっと締まるような感覚や、お腹に触れたとき固いと感じるのであればそれが「張っている」状態だといえます。人によっては痛みを感じたりすることも。

臨月であればお腹も大きく丸くなっていると思いますが、張っているときにお腹の形やおへその形が変わった!という方もいますので、そういうのも判断基準になるかもしれません。

臨月だったらお腹が張っても構わない?

だいたい妊娠中期ごろから何度かお腹の張りを経験するのは正常です。しかしその場合、医師や助産師さんから「お腹が張ったら安静に」「張り止めのお薬を処方」などの診察を受けた方もいると思います。

臨月の場合ですと、1日に4,5回は張りがあったりするのもふつうになってきます。臨月だから張っても全然OK!というわけでもありませんが、臨月に近づき、頻繁に強く張る感覚があるのは正常な現象だといえるのです。

お腹が張るとき、赤ちゃんはどんな状態?

13636461958x80g

お腹が張るとき、お腹の中にいる赤ちゃんはどんな状態なのでしょうか?
お腹の張りとは子宮の収縮のことです。収縮する際、へその緒の位置によっては一時的に赤ちゃんの心拍が落ちてしまうなどの影響があり、苦しい状態なのではないかと言われています。
あまり長く続いてしまったり、強い張りが何度もある場合は赤ちゃんが心配ですので、かかりつけの病院へ連絡し症状を伝えるようにしてください。

お腹の張りからお産につながる?

赤ちゃんにあえるのを心待ちにしている方にとって一番気になるのは「張りはお産につながる?」ということではないでしょうか。

ずばり、臨月のお腹の張りから陣痛へとつながることはある!と言われています。しかし張りやすいタイプだから早く産まれる…というわけでもなく、個人差の大きいポイントでもあります。

お腹の張りが刺激になり、陣痛へつながったという体験談もあるように生産期(37週~)を過ぎたあたりから医師に「どんどん張らせてね!」と言われる方も多いようです。しかし無理は禁物。強い痛みを感じたりすることがあればママもつらいものです。休息をとってくださいね。

臨月にお腹が張る理由

具体的に臨月にお腹が張る理由はどのようなものがあるのでしょうか?

・ママの身体の出産準備

1383502073znbrz

不規則にお腹が張ったり痛みを感じたりする現象のことを「前駆陣痛」と呼びます。この前駆陣痛は陣痛の予行練習とも言われ、そこから本陣痛へつながるパターンもあります。

・運動などの刺激

臨月に入り、お産に向けて運動を始めるママさんも多いですよね。体力をつけるため、お産を促すために行う運動ですが、その際にお腹が張る経験をした方も多いのでは。運動などの刺激によってお腹が張る事がよくあります。

・冷え

最近では冬場だけでなく夏場でもクーラーなどで冷えたりすることも多いですが、冷えはお腹が張る原因にもなってしまうといわれています。さらに身体が冷えていると、弱い陣痛が続いてしまったり、子宮口が上手に開かずに難産になってしまう傾向があるので、臨月ママさんは積極的に冷えをとるよう心がけておくのが◎。

・便秘

27d72465b108fd2b5a9250057ea5889b_s

便秘で悩む妊婦さんも多いですよね。そんな便秘も実はお腹の張りの一因に。特に妊娠中はカチカチの硬い便になってしまい、出すのも一苦労…なんてことも。できるだけ腹圧をかけなくてすむよう、水分をこまめにとるなどして柔らかい便を出せるよう心がけておきましょう。

これがあったら病院へ不安なお腹の張り

臨月のお腹の張りは自然な現象といってもいいくらいなのですが、やっぱりママは赤ちゃんが心配になるもの。そこで病院に連絡するべきお腹の張りのパターンをいくつか紹介します。

・出血をともなっている

出血をともなっている場合は要注意。胎盤が先にはがれてしまう常位胎盤早期剥離などの可能性もあるのでなるべく迅速に受診するようにします。

・横になってもおさまらない

横になるなど安静にしていても張りがおさまらない、強い張りが何度もくる…など、いつもと違うと感じるならかかりつけの病院に連絡しましょう。

赤ちゃんにあえるまで、カウントダウンスタート

 

a0027_002347

前駆陣痛を感じ始めるこの時期。いよいよ赤ちゃんにあえるまでのカウントダウンがスタートしました。いろいろなことがあり、不安を感じることも多いと思いますが、できるだけリラックスして毎日を過ごしてくださいね。

妊婦の貧血の原因と対策。それって鉄欠乏症貧血かも

妊婦の貧血の原因と対策。それって鉄欠乏症貧血かも

妊婦さんの貧血の原因や対策について今回はお伝えしていきます。鉄欠乏性貧血というのをご存知でしょうか?貧血にならないために出来ることを今日から始めましょう。

妊娠中の貧血の原因は?

赤ちゃんが成長をしていくためにはママの血液が栄養や酸素の源なのでたくさん必要になります。赤ちゃんが成長するために優先的にママの体にある鉄分を使い栄養が運ばれますがママが貧血状態だと赤ちゃんに必要な栄養が行き渡らなくなる可能性もあるので貧血には気を付けたいものです。ぜひ、妊娠初期から貧血に気をつけることが大切になります。

妊娠していない時の女性の血液の量は体重50kgの方で4Lほどあります。妊娠初期から徐々に血液量は増し妊娠32週の頃には約1.5倍の6Lにもなります。血液量が増える理由は赤ちゃんの栄養や酸素を送ること以外に出産時の出血に備えても増えています。そして血液がドロドロしているのを防ぎ血液がスムーズに運ばれるように赤血球自体はほとんど増えず血液が薄まった状態になり貧血になりやすくなります。貧血状態のままだと体がキツく出産時の出血に耐えられないかもしれませんので出産前までに貧血は改善しておきたいですね。

正常なヘモグロビン値は妊娠していない女性で12g〜15g/dlあります。貧血になってしまうと11g/dl未満になってしまい貧血と診断されることになります。10g/dl以下になると貧血と診断されなくても体が疲れやすく、だるい、息切れや動悸といった貧血によくある症状がひどくなります。通常の日常生活が送れないくらい辛いということにもなりかねません。

あなたも貧血かも?

こんな症状が当てはまったら貧血かもしれません。

①めまいや立ちくらみがしていませんか?
②視界が暗くなったり目の前がチカチカすることがありませんか?
③動悸や息切れがある
④頭痛や倦怠感がある
⑤暑くもないのに脂汗をかく
⑥手や足先がしびれて力が入らない
⑦口内炎ができている
⑧顔が青白い
⑨氷や硬いものを好むようになった
⑩手足の感覚がおかしいと感じることがある
①①喉に違和感を感じる
このような症状がある場合、貧血の可能性があります。

妊娠中になりやすい貧血

直接的な鉄分不足によって起こる「鉄欠乏性貧血」。妊娠中になりやすい貧血で体内の鉄分不足によりヘモグロビンの生成がされなくなり貧血になってしまいます。血液検査でヘモグロビンが少なくなっていないか赤血球が小さくなっていないかを調べることができます。妊娠初期には約1.5倍、妊娠中期以降は約2倍も鉄分が必要ですので気を付けたいですね。

もう一つ「葉酸欠乏性貧血」というのがあります。葉酸は赤ちゃんの体や脳を細胞形成するのに必要な栄養素です。食事だけでは葉酸を摂取しづらいことや妊娠することで通常の2倍は必要です。葉酸が不足することで貧血以外に下痢の症状も起こります。こちらに血液検査をしますが葉酸不足の場合、赤血球が大きくなるので鉄が不足していても分かりづらいそうです。

貧血になると出産時以外にも影響があります。貧血でめまいや立ちくらみが起こるとふらついて転倒しお腹や腰をうつ可能性もあります。また、出産後の体力の回復が遅れ疲労が続いて育児にも支障が出てしまうことがあります。貧血くらいと安易に思わずに気を付けましょう。

貧血におすすめのスーパーフード!

アサイー

image
出典:http://acai.suichu-ka.com

アサイーには鉄分がレバーの3〜5倍も含まれています。レバーが苦手な方にとってはアサイーで鉄分を摂取できます。レバーの方がヘム鉄で吸収率はこちらの方がいいですが非ヘム鉄であるアサイーはお肉ではないのでコレステロール値に関しては気にしなくてよくなります。鉄分欠乏性になってない限りはアサイーでも十分に鉄分を摂ることができます。

スピルリナ

image
出典:http://omotechou.com/supplement/rakuyogen/spirulina/

スピルリナとは幅が0.005〜0・008mm、長さは0.3〜0.5mmほどのらせんの形をしています。緑色で単細胞微細藻類で約30億年前に地球上に最初に出現し、それ以来、進化はしていないですが生き延び続けています。

このスピルリナにもレバーより多い鉄分が含まれています。鉄分の吸収率をよくするのにはタンパク質やビタミンCも一緒に摂取することで効率よく鉄分を摂取できます。このスピルリナはタンパク質も多く含んでいるので効果的と言えます。スピルリナに含まれているというクロロフィルは血液の材料で貧血の改善や予防にピッタリのサプリメントです。このスピルリナは体への吸収率がよく、約95%を2時間ほどで消化できるそうです。

鉄分を摂取する時の注意点

鉄分の吸収率をよくするにはタンパク質やビタミンCと一緒に摂取するのがいいとお伝えしました。鉄分の吸収をよくする上で気を付けたいのはタンニンを含んでいるコーヒーやお茶が含んでいるものとできるだけ摂取しないようにしましょう。コーヒーやお茶に含まれているタンニンと鉄は結合し「タンニン鉄」となります。このタンニン鉄は水に溶けにくく腸でも吸収もされにくく、せっかく鉄分を摂取しても体にとりこまれません。出来るだけタンニンの量が少ない麦茶やほうじ茶をとると安心です。

妊婦さんの貧血予防の体験談

妊婦さんの貧血の予防に関する体験談から心がけておくといいことなどを参考にして下さいね。

たんぱく質と鉄分が含まれている食べ物を心がけました。栄養をバランスよくとらなきゃと思っていました。鉄分は貧血なので摂るようにしていました。(28歳)

引用:http://akasugu.fcart.jp/ninshin/cyuuki/syoujyou/hinketsu/

妊婦になる前は海藻類は食べなかったのですが、貧血があったので、海藻類とほうれん草など鉄分豊富な食品をとるようにしていました。(27歳)

引用:http://akasugu.fcart.jp/ninshin/cyuuki/syoujyou/hinketsu/

妊娠中、貧血があり、鉄剤を処方されていましたが、仕事の朝礼中は、めまいがし立っている事がつらく休憩室で休む事が多くありました。鉄剤だけでは症状が良くなる事はないので、食事で摂るように心がけていました。

引用:http://akasugu.fcart.jp/ninshin/cyuuki/syoujyou/hinketsu/

貧血予防に良いと聞いて、納豆を気をつけて食べるようにしました。おかげで、出産まで貧血になりませんでした。(26歳)

引用:http://akasugu.fcart.jp/ninshin/cyuuki/syoujyou/hinketsu/

まとめ

今回は妊婦さんの貧血についてお伝えしてきました。妊娠中に血液が薄まってしまうのは妊婦さんの生理現象でもあるので仕方ないですが妊娠中期以降も血液量を増加させなければならないので鉄欠乏性貧血になりやすくなります。ぜひ、妊娠初期のうちから貧血予防に食事やスーパーフードといった鉄分の摂りやすい食材を取り入れて貧血を予防するように心がけておくといいと思います。赤ちゃんが成長するのに必要不可欠な血液ですので、ママは貧血にならないよう気をつけましょう。